株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

救世主

 今日の仕掛けは6銘柄、約定は無し。持越しの手仕舞いは1銘柄、時間切れの損切りでマイナス12000円。新規仕掛けはジェットストリームアタックとミドレンジャーが少しだけシグナルを出していたけど今日の展開では当然ノートレ。毎回思うんだが「下落局面→リバウンド」の初動を深めの逆張り指値で眺めてるシステムというのは本当に間抜けなんだよなぁ。
 この週末、仮想通貨で遂に兆り人が現れたらしい。しかも1兆や2兆といったみみっちい金額ではなく2246兆円wこのスーパー兆り人は麺屋銀次という人らしくネット上ではメンメンと呼ばれているみたいだ。ウォーレン・バフェットの資産が現在約9兆円なのでメンメンはバフェットの250倍の資産家という事になる。メンメンに比べたらバフェットもBNFも雑魚であるwてかアメリカのGDPを越えちゃってるし。
 メンメンのビットコインの取得価格は0円なので、仮にメンメンが保有のビットコインを利益確定した場合には利益の2246兆円に対して55%の所得税が課税される事になり、日本政府は1235兆円の税収を得る事になる。これで長年の懸念材料であった財政赤字問題が一気に解決、それどころか少しお釣りまで来る。何か根本的に大きく間違っている気がしないでもないがそんな細かい事を気にしてはいけない。彼こそは突如として現れた日本国の救世主なのだ、凄いぞメンメンw

本日の収支 -12729円 持越し無し
本日の体重 91.9キロ
本日の血圧 141-98

スポンサーサイト

PageTop

お約束の時間

 今日の仕掛けは13銘柄、約定は無し。持越しの手仕舞いは4銘柄、全部利確でプラス48000円。新規仕掛けは逆張りスイング勢が少しだけシグナル出してたけどカスリもせずノートレ。継続保有分が1銘柄で含み損が15000円程。全体的にリバウンド局面に入ってすっかりヒマである。シグナルが少なくなって呆然とリバウンド相場を眺めるお約束の時間w持越し分の最後の1銘柄は月曜に時間切れで損切りだのう。
 昨日と今日の状況を観ると今回の下落局面も取り敢えず一旦落ち着きそうな感じ。2月に入ってから我が逆張りスイング戦略は82トレードで76勝6敗で勝率92.68%、期待値6.23%、PF10.53倍。正直言って出来過ぎであるw活躍が目立ったのはジェットストリームアタックで34トレード、勝率100%、期待値7.17%。ジェットストリームアタックは2015年の夏頃にイザナミの相関情報を使って作った戦略でその後色々改良して現在に至っている。一応逆張りスイングの主力に位置付けおり、40銘柄分散と仕掛け数も他に比べて多めなので自然とトレード数が多くなる。そういう意味では今回この戦略が好調だったのはラッキーであった。今回の下げ局面での反省点としては現状私の逆張りスイング戦略は仕掛け位置が深めのものばかりなので先週末(2/9)辺りのパターンではチャンスを取り逃がしている事。せめて1つぐらいは仕掛け位置が浅めの戦略を用意した方が良いかも知れない。またしばらく試行錯誤をしてみよう。

本日の収支 +36668円 持越し1銘柄
本日の体重 91.8キロ
本日の血圧 122-75

PageTop

ポンコツ人間

 今日の仕掛けは55銘柄、約定したのは2銘柄。持越しの手仕舞いは10銘柄、時間切れ損切りもあったが利確が多くてプラス42000円。新規仕掛けは逆張りスイングの水陸両用モビルスーツゴッグが2銘柄ヒット、継続保有分と合わせて全部で5銘柄持越しで含み損が55000円程。
 さて、発注ミスである。昨日は大阪まで出て友人と酒を飲んで深夜に帰宅。今朝は二日酔いのままいつもの通りに発注作業。寄付き後にizaRSS ベーシックで翌日始値を使うジェットストリームアタックやミドレンジャーのシグナルを出して発注。翌日始値を使わないゴッグのシグナルは昨日出かける前に発注済みである。一通り発注作業を終えてライブスター証券のツールで注文照会して確認するとゴッグの注文が何だか変だ、昨日発注した銘柄と全然違う銘柄にシグナルが出ている。違和感を感じつつ昨日出した注文を取り消して今朝出したシグナルで発注し直す。違和感の原因が解らずしばし固まる、二日酔いで頭が回らないwそうこうしているうちにポコポコと数銘柄が買い約定している。何故か継続保有中の銘柄も約定している、いわゆるダブルシグナルというやつだ。私は複数ポジションを容認していないのでこれは有り得ない状況w「俺は間違っていない筈、遂にイザナミがぶっ壊れたか」などと考えていたが10時前になってやっとイザナミのデータ更新をしていない事に気が付いた。慌てて注文を全部取り消してイザナミを更新してシグナルを出し直す。さらに本来仕掛けていない筈なのに買ってしまっている分を手仕舞い処理。もう大混乱である(´・ω・`)
 昨日は夕方5時過ぎに出掛けたので家を出る前にizaRSS ベーシックでタワーの株価データでシグナル出しをしてゴッグの注文を出していた。その状態のまま今朝は一度もイザナミを立ち上げずに発注作業をしてしまったのでデータ更新が抜け落ちてしまったのだ。本来シグナルが出てなくて買えてない筈なのに買えてしまったのが4銘柄、本来シグナルが出て買えている筈なのに買えていないのが2銘柄。前者によるラッキー利益が11982円、後者による機会損失が大引け時点で17100円。その差マイナス5118円、好地合いに助けられて悲惨な事にはならなくて助かった。しかし、どんなに優秀なツールでも使う人間がポンコツだと大惨事を引き起こすという好例をまたしても示してしまった。もうね、アホかとバカかと。普通システムトレーダーの発注ミスというと「発注マクロが上手く作動しなかった」とかが多いけど全然次元が違うw確か去年も2月に発注ミスあったよなぁ。1年に1回は凡ミスするという残念な仕様、それが私だw

本日の収支 +61380円 持越し5銘柄
本日の体重 92.4キロ
本日の血圧 137-91

PageTop

驚き

 今日の仕掛けは51銘柄、約定したのは11銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄、利確指値到達と時間切れの損切りが混在してマイナス33000円。新規仕掛けは逆張りスイング勢が11銘柄ヒット、内訳は水陸両用モビルスーツゴッグ7、ジェットストリームアタック4。継続保有分と合わせて全部で13銘柄持越しで含み損が87000円程。先週ゴッグが引いて来た糞銘柄を2つ時間切れで処分したと思ったら今日は仕手崩れの某銘柄を掴んで爆落してる(´・ω・`)全体的なリバが入った14:00前に含みがプラテンした場面もあったが結局昨日と同じぐらいの含み損で終了。含み損が延々と続く無間地獄、これは 新しいタイプの修行か?
 平昌オリンピックの男子ハーフパイプを観戦、平野選手惜しかった。素人考えながら、金メダルのショーン・ホワイトと滑走順が逆だったら違う結果も有り得たんじゃないか思うと残念である。中継の後、TBSのひるおびに長江健次が出ていた、随分久しぶりだと思ったら肩書がプロスノーボーダーになっていた。ここ最近で一番驚いたかも知れんw

本日の収支 -39054円 持越し13銘柄
本日の体重 91.8キロ
本日の血圧 121-74

PageTop

成功する人は偶然を味方にする

 今日の仕掛けは19銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは2銘柄、朝のGUで手仕舞い指値に到達。プラス25000円。新規仕掛けは逆張りスイングの水陸両用モビルスーツゴッグが1銘柄ヒット。継続保有分と合わせて合計5銘柄持越しで含み損が92000円程。金曜日にゴッグが仕掛けた銘柄が引け後に悪決算を発表して今日は約20%下がっている。木曜日に仕掛けた2銘柄も相変わらず冴えない。僅か5銘柄、約130万円のポジションでこの含み損は酷い(´・ω・`)
 ロバート・H・フランク「成功する人は偶然を味方にする」読了。これも図書館で借りてきた本。著者はコーネル大学の経済学教授でニューヨークタイムズに経済コラムを執筆している人。図書館で題名だけ見て借りて来たのだが内容は著者が提唱する累進消費税という政策の解説とアピールに重点が置かれていてちょっと期待外れ。本編は少し残念だったが巻末掲載されている付録①のシュミレーションは面白かった。むしろ付録をメインに書いて欲しかったw

本日の収支 +25224円 持越し5銘柄
本日の体重 91.0キロ
本日の血圧 122-70

PageTop