株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

2大政党制

 今日の仕掛けは37銘柄、約定したのは16銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄、GUでプラス72000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が16銘柄ヒット、内訳はアマゾン6、ストロンガー3、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル2、スピニング・トゥ・ホールド2。全て持越しで含み損が34000円程。今日は先週末にアマゾンが掴んで来たメタップスとかいうクソ株が朝からストップ安貼り付きで悶絶(´・ω・`) 結構な張り付き株数だったので今日の手仕舞いは諦めていたら奇跡的に引けで手仕舞い出来ていた。僅か73700株の出来高なのでかなり運がいいwしかし、こいつのせいで折角の選挙ご祝儀相場の恩恵が吹っ飛んだわ。新戦略のミドレンジャーがデビュー戦を勝ちで終えたのは良かったw
 衆院選挙は与党が圧勝。今回は希望の党が出来て衆院民進党が消滅して立憲民主党が出来てと混沌とした選挙だった。選挙番組観てて思ったんだが、何故みんな2大政党制=正義という前提で話すんだろう?まるで2大政党制こそが最高の政治形態と確定してるような空気は何なのか。「2大政党制を目指す為に野党再編」という話はここ20年ぐらいの間に延々と聞いた台詞なんだけど、離合集散を繰り返してるだけで全然実現しないし上手く行ってるとは言い難いのが現状だ。
 そもそも、イギリスでは21世紀に入って以降は2大政党は崩れてきてるし先進国でガッツリ2大政党やってるのはアメリカぐらいしか無い。でも、アメリカの2大政党って1860年代の南北戦争で南軍と北軍に分かれて4年間も殺し合いをしたという歴史的経緯を経て成り立っているのであって、そこまで激しい内戦を経験してない日本人には馴染まないんじゃないの?太平洋戦争が3年9か月であり、南北戦争はあの太平洋戦争よりも長い期間に渡って戦ったのだから国民間で相互に憎悪感情が残っているのだろう。言い方を変えればアメリカの2大政党制とは150年前の内戦による国民間の政治的断絶をいまだに克服出来ていない政治形態とも言えるはず。国民性ってその国の歴史的体験から育まれるものだと思うしアメリカの政治体制をそのまま日本に持ってきても上手く行くのか大いに疑問だ。むしろ江戸時代みたいに800万石の幕府に対して加賀120万石、薩摩72万石、長州36万石、会津28万石、みたいな感じで大きい与党と小さな野党というのが日本人には居心地が良いのかも知れない。異論に対して寛容な態度を保ったうえで大きな与党が小さな野党の意見に耳を傾け、取り入れながら政治を進める事が出来れば安定するように思うのだが。

本日の収支 +100899円 持越し16銘柄
本日の体重 88.6キロ
本日の血圧 124-74

スポンサーサイト

PageTop

クライマックスシリーズ

 今日の仕掛けは62銘柄、約定したのは8銘柄。持越しの手仕舞いは8銘柄、GDでマイナス82000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でマイナス4000円。本日投入の逆張りスイングの新戦略ミドレンジャーが1銘柄ヒット。順張りスイング勢が5銘柄ヒット、内訳はアマゾン4、妖怪人間ベム1。全て持越しで含み益が64000円程。先日作成した逆張りスイングの新戦略が投入即日で初約定。今のところ少しだけ含み益で推移しているので来週以降の活躍に期待してみよう。
 今やっているプロ野球のクライマックスシリーズについて。テレビを観ていると野球解説者の何某がやたらと盛り上げようと煽っていたがリーグ戦で3位だったチームがクライマックスシリーズにおいてリーグ戦で2位や1位だったチームに勝つことを世間では「下剋上」と呼ぶらしい。2位チームと3位チームで争われる1stシリーズでは3戦2勝で勝ち抜けが決まり、今年はセ・パ両リーグ共に3位チームが2位チームを負かして1stシリーズを勝ち上がっている。今現在(10/20)は3位チームと1位チームでファイナルシリーズを戦っている真っ最中である。ファイナルシリーズでは1位チームにアドバンテージ付きの6戦4勝で勝ち抜けたチームが日本シリーズに進出する。アドバンテージがあるとは言え、1st、ファイナル合計最大9試合で日本シリーズ進出チームを決めるという事だ。ちなみにリーグ公式戦はセ・リーグ、パ・リーグ共に143試合である。クライマックスシリーズの9試合にも公式戦143試合にも偶然の勝ち負けは含まれるが、偶然による勝ち負けの影響度合いが大きいのは間違いなく前者である。つまり、せっかく公式戦で試合数を積み重ねる事により偶然の勝ち負けの影響度を薄めて各チームの実力を見極めたのに、極少数の試合で行われるクライマックスシリーズで偶然の勝ち負けの影響度を高めてリーグの代表チームを決めようとしている訳だ。これは明らかに合理性を欠いていると言わざるを得ない。
 さて、このブログは一応シストレブログなので読者はシステムトレーダーが多いと思うのだが、NPB(日本野球機構)が今やってる事を我々システムトレーダーは絶対真似してはいけない。いや、我々は断固としてこのクライマックスシリーズという仕組みを糾弾するべきだろう、このような不合理なやり方は今すぐ止めるべきである!!・・・と、まぁ心の中ではこう思っておこうw学校や会社でこんな事を言うとかなりの高確率で偏屈者、或いは変人扱いされる事が予想される。よってクライマックスシリーズの話題に対しては取り敢えず愛想笑いでスルーする事を推奨する。我々システムトレーダーには統計的・確率的な思考と同時に社会性も必要だ、いやはや生きていくというのは大変な事だなぁw

本日の収支 -113229円 持越し6銘柄
本日の体重 88.9キロ
本日の血圧 128-77

PageTop

アメリカ様

 今日の仕掛けは48銘柄、約定したのは10銘柄。持越しの手仕舞いは15銘柄、微かにGDでプラス118000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス2000円。順張りスイング勢が8銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー1、妖怪人間ベム1、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル1、スピニング・トゥ・ホールド1。全て持越しで含み損が58000円程。期待してた昨日のストップ高貼り付き銘柄は結局GDで始まった(´・ω・`) 今日の仕掛け分も冴えないし全然面白くない。
 宮武外骨「アメリカ様」読了。これも図書館で借りてきた本。反骨のジャーナリスト宮武外骨が終戦直後に出した随筆、刊行された1946年5月3日は東京裁判の開廷日というタイミング。「マックァーサー元帥の指導命令で日本の官僚、軍閥、財閥をたたき付けて下さる壮絶の快挙、これに加え我が国開闢以来、初めての言論の自由、何と言う仕合せ、何という幸福であろう。皆これ勝って下さったアメリカ様、日本を負けさせて下さったアメリカ様のお蔭として感謝せねばならぬ。」戦争遂行にひた走った政府、官僚、それに協力した財閥や言論人たちを痛烈に批判しながら進駐してきた米国に対してもホメ殺しで茶化す内容。これは不思議な本だなぁw著者は新しい戦後日本社会を明らかに歓迎しているし、はしゃいでる感すらある。しかし端々には新しい支配者である米国に対する複雑な感情も散りばめられていて色んな読み方が出来る。アメリカ様がもたらしてくれた言論の自由を散々謳歌していたら「近頃若盛りの強盗が多い理由」という項目でマックァーサー司令部から削除命令受けてるしwまぁ70年経った現在でも日本人にとってはアメリカ様な状況は変わってない訳で、外骨の皮肉は時間を超えて現代の日本人にもグサリと刺さるものがあると思う。

本日の収支 +126584円 持越し8銘柄
本日の体重 89.2キロ
本日の血圧 133-87

PageTop

事案発生

 今日の仕掛けは38銘柄、約定したのは16銘柄。持越しの手仕舞いは5銘柄、GUでマイナス37000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラス4000円。順張りスイング勢が15銘柄ヒット、内訳はアマゾン4、ストロンガー5、妖怪人間ベム1、ブロッケンマン2、ロメロスペシャル1、スピニング・トゥ・ホールド2。全て持越しで含み益が121000円程。今日はベムがストップ高貼り付き銘柄を1つ捕獲、これは張り付き株数が結構あるので明日に期待。良く知らないけど材料は電磁パルス攻撃関連とのこと。私の黒電話野郎に対する視線が少し優しくなるという事案が発生中w

本日の収支 -33734円 持越し15銘柄
本日の体重 88.9キロ
本日の血圧 127-80

PageTop

修羅維新牢

 今日の仕掛けは30銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは5銘柄、少しだけGUでプラス10000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス12000円。順張りスイング勢が5銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、ストロンガー2、妖怪人間ベム1、スピニング・トゥ・ホールド1。全て持越しで含み損が64000円程。昨日からの持ち越し分のストップ高銘柄が少し伸びてくれた以外は今日は殆ど良いところ無しwまたストレスの溜まる展開かなぁ。
 山田風太郎「修羅維新牢」読了。これも図書館で借りてきた本。山田風太郎の明治時代物小説。舞台は幕末江戸、進駐軍である官軍の隊士が連続して何者かに殺される事件が起きる。この事件に対し官軍先鋒大将中村半次郎は「犯人は旗本にに違いない」と考え、誰でも良いから旗本を十人捕縛して「一殺多生!十殺多生!」を掛け声に犯人が名乗り出るまで捕縛した旗本を一日に一人づつ処刑していく。捕縛・処刑される十人の旗本たちそれぞれのストーリーを描いたのち、最終盤の「牢の中・いのち十人」と「牢の外・いのち一人」の2つの章で不条理な死と不条理な生を凝縮する。生き残った旗本の面子が「この世になんの希望を持たない男」「死にたくて死にたくてたまらない男」「殺人狂」「半白痴」の4人というのが風太郎らしい。最終盤に唐突に描かれる乞食女の死に象徴される様に生き続けたい者は死に、生きる事に価値を見いだせない者は生き残る。風太郎の死生観がよく表れた作品なのだと思う。

本日の収支 -14414円 持越し5銘柄
本日の体重 88.8キロ
本日の血圧 125-74

PageTop