株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

株式ディーラーのぶっちゃけ話

 今日の仕掛けは41銘柄、約定したのは18銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄、幸運なことに先週末の大引け後に決算を上方修正した銘柄が1つあってGU。プラス44000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス3000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、2勝0敗でプラス51000円。順張りスイング勢が14銘柄ヒット、内訳はアマゾン6、ストロンガー3、妖怪人間ベム3、ブロッケンマン2。全て持越しで含み益が7000円程。ここのところ約定数が少なかったが今日はバタバタと約定して行った、賑やかで大変よろしいw
 高野讓「株式ディーラーのぶっちゃけ話」読了。これも図書館で借りてきた本。著者は証券会社の自己売買部門に所属する現役株式ディーラーとの事。若手ディーラーの活躍や中途採用試験の様子、場立ち出身の古参ディーラーの話、等々あまり表には出てこない証券ディーラーの実情が書かれていて面白かった。5章の「変わりゆくディーラーの世界」では1つの注文を分割して発注するアルゴリズムや隠れて発注するアルゴリズムが紹介されている。どちらもマイクロ秒とかナノ秒で競い合って発注するもの。日本は東証が圧倒的なシェアを握っているのでNYの様なサヤが発生する状況は生まれにくいと思っていたけど、最近はダークプールが伸びてるという話も聞くし実態はどうなんだろう?現在のところ私は基本的に日足トレードで当日の日中足は寄付値しか使っていないので影響はよく解らないけどスキャルピングとかはかなり厳しくなってるんだろうなぁ。

本日の収支 +101572円 持越し14銘柄
本日の体重 86.9キロ
本日の血圧 117-75

スポンサーサイト

PageTop

天才数学者はこう賭ける

 今日の仕掛けは35銘柄、約定したのは8銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄、若干のGUでマイナス30000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが3銘柄ヒット、0勝3敗でマイナス38000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス2000円。順張りスイング勢が3銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、ストロンガー1、ブロッケンマン1。全て持越しで含み益が17000円程。今日も約定は少な目、イマイチ乗れてないなぁ。
 ウィリアム・パウンドストーン「天才数学者はこう賭ける」読了。これも先日図書館で借りてきた本。ケリー基準について書かれた本で面白い内容だとは思うんだけど話があっちこっちに飛びまくるから凄く読みにくい。もう少し話を整理して書いて欲しいんだがw仮に同じ題材をマイケル・ルイスが書けばもっと読みやすくなっただろうなぁ、まぁ翻訳が悪いのかも知れないけど。LTCM破綻の所でメリウェザーとショールズを「マーチンゲール人」としたのは良かった。それから著者がケリー基準では実運用のDDが大きくなり過ぎるので「ケリーの半分」基準を紹介しているのは興味深い。これは自分のトレード計画にも生かせるかも知れない。後はケリー基準支持派のエド・ソープたちとケリー基準否定派のポール・サミュエルソンたちとの論争の経緯は面白かった。これに限った話では無いけど実践と権威というのは相容れないものですな。

本日の収支 -92346円 持越し3銘柄
本日の体重 86.6キロ
本日の血圧 135-86

PageTop

予言者

 今日の仕掛けは35銘柄、約定したのは5銘柄。持越しの手仕舞いは7銘柄、残念ながらGDとなり利益減少。プラス91000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、2勝0敗でプラス27000円。順張りスイング勢が3銘柄ヒット、内訳はストロンガー2、ブロッケンマン1。全て持越しで含み損が34000円程。シグナルはそれなりに出ているんだけど約定は少な目、全体的にヨコヨコでつまらん。
 山田風太郎「奇想小説集」読了。これも先日図書館で借りてきた本。山田風太郎の初期短編集、表題の通り奇想天外が過ぎる小説だらけである。例えば、本来鼻のあるべき位置に陰茎があり、本来陰茎があるべき位置に鼻がある花野大次郎の苦悩を描いた「陰茎人」とかwどの話も面白かったが「満員島」と「自動射精機」の2つが特にお気に入り。
 「満員島」では、日本政府が人口増を止める為に貞操帯の一種である制慾帯を開発して日本国民の性交時間を1ヶ月辺り1時間30分に管理・抑制する政策を打ち出す。この小説が発表されたのは1956年、戦後のベビーブーム時代の話であり少子化とか草食男子とかが話題になる昨今では隔世の感があるw最終的には性欲を持て余した国民が立ち上がり「性交の自由」を求めて国会前デモに大集結する。よくこんな話を思いつくなぁw
 「自動射精機」とは自動販売機からヒントを得た機械で自動販売機風のボックスにある2つの覗き穴をイヤホンを装着して覗くと現実のままの色調で再現された立体的ヌード写真が現れる、同時に電気歯ブラシと自動搾り機からアイデアを得た渦巻式摩擦と噴流式圧搾が下半身に加えられて男性を快美恍惚の境地に導くという恐るべき機械であるwなお、料金はグレードにより1回50円~200円。自動射精機は開発されるや大人気となり一気に普及する。こうなると各社は競って性能を向上させ、その販売広告には「精密な膨張係数調節特殊機構、感度をフルに高めるY回路採用!」とか「全自動急速拭取り装置!」とか「ユラユラ、シットリ、このタッチ!」とかのキャッチコピーが並ぶw
 ソニーのPSVRの発売も有り最近の株式市場ではVR関連が話題だが、エロ分野でもVR機器の利用が進んでいるという話も聞く。試しに「VR エロ」でグーグル検索してみると想像以上にVRのエロ分野転用が進んでいて驚いた、なんと「アダルトVRエキスポ2016」なるイベントまで開催されていて、そのイベントでは参加各社がそれぞれ技術の粋を尽くしてエロ性能を競い合っているではないか!荒唐無稽と思っていた小説そのまんまの世界が実現しとるw 興味のある方は是非一度検索されたし。よく戦争は科学技術発展の原動力という事が言われるが、エロもまた科学技術発展の原動力となり得るのだ。山田風太郎が「自動射精機」を書いたのは1966年、つまり風太郎は約50年前に将来のVR技術実現とそのエロ転用を正確に予測していた予言者なのである。うむ、全自動急速拭取り装置の実現もそう遠い日ではあるまいwとにかく風太郎ワールド全開で馬鹿馬鹿しくも笑える1冊、おススメです。

本日の収支 +144314円 持越し3銘柄
本日の体重 86.7キロ
本日の血圧 104-75

PageTop

手術

 今日の仕掛けは42銘柄、約定したのは14銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄、少しGDしてマイナス96000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが6銘柄ヒット、3勝3敗でマイナス32000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス3000円。順張りスイング勢が7銘柄ヒット、内訳はアマゾン5、妖怪人間ベム2。全て持越しで含み益が131000円。持越しの手仕舞い分もデイトレも散々だったがスイング勢の含みだけは出来た。明日はこの含み益を無難に利確したいなぁ。
 父親が3日間の検査入院から帰宅。医者からは脳の血管に細くなっている箇所が数か所有り、特にその内の1箇所についてバルーンカテーテル手術を検討した方が良いと言われた。場所が場所だけに即判断という訳にも行かず、今週末にもう一度病院に行って今後の治療方針を相談するとの事となる。なんだか深刻な事になって来たぞ(´・ω・`)

本日の収支 -136526円 持越し7銘柄
本日の体重 86.5キロ
本日の血圧 118-74

PageTop

蚊帳の外

 今日の仕掛けは27銘柄、約定したのは3銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄、GUでプラ転。プラス15000円。新規仕掛けは順張りスイング勢3銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、妖怪人間ベム1、ブロッケンマン1。全て持越しで含み損が89000円程。妖怪人間ベムが仕掛けた銘柄が凶悪な値動きで含み損、なんだかなぁ(´・ω・`)
 今日はJR九州の上場日。IPOは一応申し込んだけど外れたので蚊帳の外だった。初値は公募価格の2600円に対して3100円と20%近く上で始まった様だ。5000億規模の案件が無事通過したのでそろそろ新興マーケットに金が廻って来ても良さそうなものだがどうだろう。

本日の収支 +18108円 持越し3銘柄
本日の体重 86.6キロ
本日の血圧 126-81

PageTop

八十日間世界一周

 今日の仕掛けは41銘柄、約定したのは14銘柄。持越しの手仕舞いは4銘柄、GUでプラ転。プラス13000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが3銘柄ヒット、1勝2敗でマイナス2000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、0勝2敗でマイナス28000円。順張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー1、妖怪人間ベム3、ロメロスペシャル2。全て持越しで含み損が29000円程。仕掛けた銘柄群は小動きの中でゆっくりと沈んで行った(´・ω・`)
 ジュール・ヴェルヌ「八十日間世界一周」読了。SF小説の元祖ジュール・ヴェルヌの作品、約150年前に書かれた小説。革新倶楽部の友人達と80日間で世界一周が可能かどうか賭けをした英国紳士のフィリアス・フォッグとその下男パスパルトゥーの世界一周旅行を描いている。途中一行は明治維新直後の横浜にも立ち寄っていてパスパルトゥーが見世物小屋で天狗になったりするw常に冷静なフィリアス・フォッグとお調子者だけど誠実なパスパルトゥーのコンビが良い。フィリアス・フォッグはこの旅の成否に全財産を賭けた訳だが、最後は「実際、人はそれほどの大きな利益がなくても、世界一周するのではなかろうか?」という一文で物語を締めているのが痺れる。

本日の収支 -1503円 持越し9銘柄
本日の体重 87.3キロ
本日の血圧 120-81

PageTop

地震怖い

 今日の仕掛けは39銘柄、約定したのは5銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄、微かにGUでマイナス30000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが1銘柄ヒットしてプラス5000円。順張りスイング勢が4銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、妖怪人間ベム3。全て持越しで含み損が12000円程。後場途中までそこそこ含み益だったんだけど鳥取の地震を境に含み損まで墜落(´・ω・`) 震源からはそれなりに距離はあるのに結構揺れたので驚いた、怖いなぁ。
 リンクさせて頂いているhamhamsevenさんがブログをお辞めになるとの事。hamさん、今までお疲れ様でした。色々教えて頂いて本当にありがとうございました。hamさんは夏場に一旦ブログを休止されていたが、復活された後も充実した内容の記事を書かれていただけに残念だ。どうやら販売戦略に絡んだちょっとした騒動?があったみたいだ。
 あまり要らない事は書かない方が良いのかも知れないけれど、個人的な考えとして販売戦略が総じてロジック公開後に成績を落とす現象は先日のエントリーで書いた平均回帰が主原因じゃないかなと思う。勿論マーケットインパクトも無視は出来ないが、平均回帰の影響の方が大きいように思います。トレードでは偶然の影響を避ける事は出来ません、そして結果にランダムな要素が少しでもあれば平均回帰という現象は必ず発生します。
 よく戦略販売サイトで「直近3ヶ月好調のストラテジーです!」といった宣伝文句を見かけますが、本来の期待値が1の戦略が直近3ヶ月は偶然によって期待値が1.5や2になっているのであれば、その後はトレード回数をこなしながら必ず本来の期待値1に収斂していきます。そして、その収斂の過程では当然トレーダーの損失が伴うという事になるでしょう。販売者は戦略公開に向けて戦略が良い成績になる様に検証努力を重ねるのだと思うんですが、努力するあまりに偶然の負けトレードをフィルターで除外してしまっているのかも知れません。販売者にとっては戦略は商品ですから最高の状態に仕上げて、いざ公開といったところでしょう。一般社会、特に我が国では取り扱う商品を良い状態に仕上げる事は商売人としてとても良い事とされていますが、この場合は販売者のそういう検証努力・最適化努力が皮肉なことに仇になってしまっているんじゃないかな。公開時点で偶然含みで最高の結果が出ている状態なのであれば、その後の収斂過程は避け難いでしょう。hamさんが「最適」分散ではなく「平均」分散を推奨されていたのは優先順指標によって偶然の要素が増えてしまう弊害を考えての事ではないかと考えます。
 それと、戦略の良否を評価をする際に「3か月」とか「半年」とかの期間・時間で考えるのではなく試行回数、つまりトレード数で考えた方が合理的ではないでしょうか?上記の宣伝文の好調な「3か月」の間に何回のトレード数があったのか、その数が100にも満たない様な少数であれば大数の法則は当て嵌まらず、その結果データは殆ど無意味なものでしかありません。一般的に無意味なデータに振り回される事はあまり楽しい事ではないですよね。これは戦略購入者にも同じ事が言えて、購入した戦略の不調を考える際に期間ではなくトレード数で判断した方が合理的だと思います。まぁしかし販売宣伝で「直近50回のトレード成績はとても平凡なストラテジーです!」とか「ここ100回のトレード成績は最悪なので平均回帰効果で収斂リターンが期待できます!」とか書いても誰も買わないだろうなぁ、いやはや商売というのは難しいもんですなw

本日の収支 -61174円 持越し4銘柄
本日の体重 86.5キロ
本日の血圧 125-77

PageTop

錯誤相関

 今日の仕掛けは32銘柄、約定したのは7銘柄。持越しの手仕舞いは10銘柄、昨日アマゾンが捕まえてきたストップ高銘柄が寄りから買い気配で続伸してくれて華麗にGU。プラス184000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス9000円。順張りスイング勢が6銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、ストロンガー2、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン1。全て持越しで含み損が35000円程。前場途中までは仕掛け銘柄も良い感じだったんだけど、徐々に勢いを失って最終的に尻すぼみで終わるw
 デイヴィッド・J・ハンド「偶然の統計学」読了。これも先日図書館で借りてきた本。著者のデイヴィッド・J・ハンドはインペリアル・カレッジ・ロンドン数学科名誉教授であり、王立統計学会前会長との事。インペリアルだの名誉教授だの王立だの前会長だの何だかよく解らないが多分凄い人なのだろうwロトくじで連続大当たり、2連続で落雷事故に遭う、3大会連続ホールインワンのプロゴルファー、世の中には到底あり得ないと思える出来事が実は頻繁に起こっている。そんなあり得なさそうで頻発している出来事の仕組みが解説されている。一昨日このブログに書いた平均回帰の話や錯誤相関の話が面白かった。
 錯誤相関に関して、著者は偶然生じたパターンと背後に何らかの原因が本当に存在するパターンを区別する事が統計的推論の目的だとしている。どうやら人間はあらゆる物事にパターンを見出さずには居られない生き物らしく、背後に何も原因が無い偶然のパターンも信じ込んでしまう様だ。読んでいてお笑い芸人の厚切りジェイソンのネタでホワイトボードに漢数字の一、二、三、を書いて「ハハーン、判ったぞ。パターンね」というお決まりのセリフの後に四であっさりパターンが崩れるのを思い出したw株のシステムトレードにおけるパターンを利用した戦略を使う際に背後に原因の無い、或いは弱い原因しかない戦略をうっかり使ってしまうとお金を失う事になる。お金を失ってしまってからジェイソンみたいに「why japanese people!」と叫んでも誰もお金を返してはくれない。錯誤相関、恐ろしい子wその他、偶然や確率に関して具体的な例を挙げて解説されていて面白かった。

本日の収支 +159011円 持越し6銘柄
本日の体重 86.1キロ
本日の血圧 146-91

PageTop

辺境の旅はゾウにかぎる

 今日の仕掛けは32銘柄、約定したのは11銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄、少しGUしてプラス79000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス7000円。順張りスイング勢が10銘柄ヒット、内訳はアマゾン5、ストロンガー1、ロメロスペシャル4。全て持越しで含み益が105000円程。今日はアマゾンがストップ高銘柄を1つ捕まえている。一応貼り付きで終わってるけど大した株数じゃない、あまり期待出来ないなぁw
 高野秀行「辺境の旅はゾウにかぎる」読了。これも先日図書館で借りてきた本。「アヘン王国潜入記」の後日談とか対談とか高野が薦めるエンタメ・ノンフの書評とか色々ごちゃまぜな一冊。内沢旬子と船戸与一との対談が面白かった。今度は内沢の世界屠畜紀行を読んでみようかな。

本日の収支 +81182円 持越し10銘柄
本日の体重 86.8キロ
本日の血圧 113-72

PageTop

平均回帰と怠け者

 今日の仕掛けは40銘柄、約定したのは13銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄、糞GDでマイ転。マイナス24000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが1銘柄ヒットしてマイナス6000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、0勝3敗でマイナス21000円。順張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー4、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル1。全て持越しで含み益が58000円程。昨日捕獲していたストップ高2銘柄は1つは買い気配で始まってくれたけど、もう一つはあっさり墜落。世の中そんなに甘くないw
 ここ数日「偶然の統計学」という本を読んでいる。そんなにボリュームのある本では無いのだが著者の文章のクセが強いのか翻訳が良くないのか或いは単純に私の頭が悪いのか読みにくくてあまり捗らないwその本の中で平均回帰について触れられている。
 サイコロを3600個投げた時に1~6の目が偶然にそれぞれ600個ずつ出たとする。ここで6の目が出たサイコロ600個だけを選び出してその他のサイコロは除外する。除外直後の時点では、どのサイコロも6の目が出たサイコロなのでこの600個のサイコロの出た目の平均値は6である。次にこの600個をもう一回投げた時にはやはり1~6の目がそれぞれ100個ずつ出る。2回目における600個のサイコロの出た目の平均値は
 
 (100×1+100×2+100×3+100×4+100×5+100×6)÷600=3.5

 この600個のサイコロの出目に平均回帰が発生して1回目の出目平均値6から2回目は出目平均値が3.5に低下した事になる。何を訳の分からない事を言っているのかと笑われてしまいそうだけど、これをイザナミで行うシストレに置き換えてみる。
 最初の3600個のサイコロはイザナミに搭載されている過去データである。その過去データから1回目の検証結果を見て6以外の出目だった3000個のサイコロをフィルター条件パレットを置いて除外する、一般的にこの行為は検証とか戦略の改善・改良とか最適化とか呼ばれる。(試行1回なので統計的なサンプル数として全く無意味だが今回は馬鹿話なので無視w)さて、1回目終了時点における600個のサイコロの出目期待値は6である。期待値6はかなり良い数値なのでいきなり実戦投入となる。そして実戦投入直後、つまり2回目における出目期待値は3.5に急低下してがっかりするw
 勿論サイコロは全て偶然が支配する世界なのでトレードと全く同じではない、加えてサイコロは独立試行だけどトレードは独立試行という訳ではない。但しトレードに偶然の影響が入り込む事を完全に防ぐことは不可能だ。もしそんなことが可能なら億トレどころか全世界の富を独り占め出来るかも知れない。戦略の実戦投入でがっかりしない為には戦略作成においてフィルター条件を使う際に、過去における偶然の勝ちトレードばかりを選んでくる事と同じ位、過去における偶然の負けトレードを除外している事に関しても考えないといけない。偶然の負けトレードなら次は勝つかもしれない、それも大勝ちのトレードになるかも知れないのだ。上記のサイコロと同じく平均回帰が起きるならその可能性は高くなるだろう。
 先月のイザナミニコ生でテーマになっていたスランプ脱出法を考える際にもこの平均回帰を考慮に入れた方が良さそうだ。スランプだからと戦略を検証し直して改善したつもりが実は直近発生した偶然の負けトレードを除外しただけという事だけは避けたい。闇雲に戦略を弄くりまわして泥沼に嵌る危険性がある。また、自分がスランプだと感じたとして、そのスランプ期間に不調戦略で何回のトレードを行ったのかも重要だ。10回のトレードでは大数の法則は間違いなく効かない、50回でも厳しいと思う。少ない試行回数でのトレード結果は有効な情報とはなり得ず、殆ど何も判らないだろう。この場合、出来る限り合理的に思考してトレード結果が偶然か必然か見極める眼を養う必要があると思う。或いは平均回帰に期待して何も対処せずに流れに任せて大数の法則が十分に効いてくるトレード数に到達するまでそのままトレード続けるというのも一つの手ではある。うーむ、こんな長文を書いて結局はスランプへの対応が「何もしない」という怠け者の論理に落ち着くとは我ながらどうかと思うw

本日の収支 -57075円 持越し9銘柄
本日の体重 86.9キロ
本日の血圧 145-100

PageTop

地名に隠された南海津波

 今日の仕掛けは36銘柄、約定したのは10銘柄。先週末ノーポジの為持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラス19000円。順張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はアマゾン4、ストロンガー1、妖怪人間ベム1、ブロッケンマン3。全て持越しで含み益が50000円程。妖怪人間ベムとブロッケンマンがそれぞれ1銘柄ずつストップ高銘柄を捕獲中w今日は順張り向きの相場展開かと思ったんだけれど私の収支はイマイチ(´・ω・`)
 谷川彰英「地名に隠された南海津波」読了。これも先日図書館で借りてきた本。地名をカギとして過去の南海地震とそれに伴う大津波を検証していく内容。「浦」「津」「川」といった漢字を含んだ地名を持つ地域を中心に地域の被災史を紹介している。5章「地名が示すどこに逃げるか?」では津波の際は街道や神社に逃げるのが良いと書かれている、古人の知恵で街道や神社は安全地帯に作られているという。実は我が家は旧山陽道沿いにある。うむ、将来南海地震の津波が来ても家に居れば良いのかw

本日の収支 +26441円
本日の体重 87.4キロ
本日の血圧 140-90

PageTop

取り敢えず(追記済み)

 前引け段階の状況:今日の仕掛けは13銘柄、約定したのは4銘柄。昨日ノーポジの為持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが4銘柄ヒット、前引け段階で含み益が5000円。今日は午後から父親を病院に連れて行きます。MRIとか色々検査するという事で帰りがどの時間になるか判らないので取り敢えず前引けまでの状況だけ更新しておきます。トレードは昨日に続いて相場判定が効いて順張り戦略がお休みでシグナル自体が少なくてあまり動きが無い状態、帰宅したら再度更新する事にします。

以下追記

 先程帰宅しました。結局今日の仕掛け分はタイガージョーの4銘柄だけで1勝3敗でマイナス31000円でした。どうやら仕掛け銘柄はどれも後場ズルズル下がってしまった様ですな。父親は脳梗塞の症状があり、来週以降にカテーテルで検査入院して検査結果を見て今後の対応を決めていくという事になりました。来週以降もしばらくはバタバタするかも知れません。

本日の収支 -20312円 持越し無し
本日の体重 86.3キロ
本日の血圧 132-81

PageTop

病院

 今日の仕掛けは3銘柄、約定は無し。持越しの手仕舞いは5銘柄、ほんの少しだけGUでマイナス58000円。新規仕掛けは逆張りスイングのククルスドアンのシグナルのみで指値に到達せずノートレ。昨日の下げで相場判定が効いて順張り戦略はお休み。てか順張りが休みだと一気に寂しくなるなw
 今朝から旅行に出掛けた父親が駅で体調不良になって救急車を呼ぶ事態に。病院で処置してもらって今は落ち着いているとの事なので良かったが今から迎えに行かないといけない。2~3日前から調子が良くなかったので旅行キャンセルを勧めてたんだけどなぁ。

本日の収支 -51098円 持越し無し
本日の体重 86.8キロ
本日の血圧 143-91

PageTop

散々

 今日の仕掛けは44銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは13銘柄、糞GDでまさかのマイ転。マイナス16000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが4銘柄ヒット、0勝4敗でマイナス31000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラマイゼロ。順張りスイング勢が4銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー1。さらに逆張りスイングのククルスドアンが1銘柄ヒットした分も合わせて全部で5銘柄持越しで含み損が62000円程。今日は散々(´・ω・`)
 昨日はサッカー日本代表の試合をビール飲みながらテレビ観戦、今回のW杯最終予選で恐らく一番手強いと思われるオーストラリアとの試合だった。アウェイだから引き分けで満足しないといけないのかも知れないけど勝てる試合だったなぁ。ハリルは選手交代が遅すぎるしイラク戦で良かった清武がスタメンじゃないというのはどうにも不可解。こんな調子じゃロシアW杯は出場逃すかもね。


本日の収支 -60421円 持越し5銘柄
本日の体重 87.3キロ
本日の血圧 119-76

PageTop

シロクマ号となぞの鳥

 今日の仕掛けは38銘柄、約定したのは17銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄、華麗にGUしてプラス35000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが2銘柄ヒット、1勝1敗でマイナス12000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス32000円。順張りスイング勢が13銘柄ヒット、内訳はアマゾン4、ストロンガー5、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル1。全て持越しで含み益が91000円程。ベムとストロンガーが1銘柄ずつストップ高銘柄を捕まえたんだけど、両方とも貼り付き状態から最後は剥がれてしまった(´・ω・`) うーむ、嫌な予感しかしないw
 アーサーランサム「シロクマ号となぞの鳥」読了。これも先日図書館で借りてきた本。とうとうランサムサーガの最終作である、正直少し寂しい。今回の舞台はスコットランド西部近海の島、休暇を利用した航海の最後に船の博物学者ディックが謎の鳥を発見する事から始まる。今回もディックは大活躍である、同じ年少組の食いしん坊でお間抜けキャラのロジャーとの対比が凄いw最終作ともなれば第1作目の「ツバメ号とアマゾン号」から3年が経過しているので「ツバメ号とアマゾン号」当時は13歳だったナンシーは16歳、同じく12歳だったジョンは15歳になっている訳だ。16歳といえばナンシーは日本で言えばJKじゃないか、JKがディンギーに乗って海賊ごっことかあり得んだろw多分作者のアーサーランサムもその辺りに限界を感じて物語を終わりとしたに違いない。まぁそれはさて置き、このランサムサーガシリーズは本当に面白かった。

本日の収支 +51659円 持越し13銘柄
本日の体重 86.9キロ
本日の血圧 145-94

PageTop

盛り上がりに欠ける

 今日の仕掛けは48銘柄、約定したのは10銘柄。持越しの手仕舞いは8銘柄、1銘柄大きめにGUした銘柄があってプラ転。プラス10000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス2000円。順張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー2、妖怪人間ベム1、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル2。全て持越しで含み損が5000円程。揉み合い相場でイマイチ盛り上がりに欠ける展開、ちっとも面白くない。
 今年前半の経験から戦略をコロコロ入れ替える弊害を避ける意味もあって夏場は意識的に検証や戦略作りをしなかったのだが、そろそろ年末に向けて色々やり始めようと思う。取りあえず5月30日以降は戦略には全く触っておらず一貫して運用出来ているので年内はこのままの12戦略体制を維持するとして、来年に向けて特に相場判定の精度を上げる様な改良を考えたい。現在、戦略全体の期待値が1.45%程度なので出来れば平均保有期間を現状のままで期待値1.5%程度を目標にしてみよう。シストレブログを見回っていると直近数年間を重視するという方が多いみたいなので真似させて貰おうw私の場合年間1500トレードぐらいだから3年で4500トレード程度、これ位あればサンプル数は十分なのだろうか。なんか大数の法則に逆行してる気がしないでもないがwまぁ年末までまだ時間はあるからゆっくりやっていこう。

本日の収支 -16662円 持越し9銘柄
本日の体重 86.5キロ
本日の血圧 136-100

PageTop

運任せ

 今日の仕掛けは37銘柄、約定したのは8銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄、GUでプラス126000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が8銘柄ヒット、内訳はアマゾン4、ストロンガー2、妖怪人間ベム1、ブロッケンマン1。全て持越しで含み損が11000円程。手仕舞いまでは良かったけど今日仕掛けた分はモヤモヤした感じ。
 昨日妖怪人間ベムが捕まえてきたストップ高銘柄が買い気配で始まってくれたおかげで今日は良い感じの利益になった。実はこのストップ高銘柄はヤフーファイナンスで某システム開発者が危険株として挙げていた銘柄。つまりシステムトレーダー同士で買いシグナルと売りシグナルが交錯する事態wおそらく買いでも売りでも期待値がある状態という事なのだろう。私の妖怪人間ベムは値動きが荒くなる傾向を持つある条件を入れてある戦略なので高値波乱を演じる銘柄にもシグナルを出すことがある。恐らく条件をひっくり返した形で検証すれば同じ銘柄に売りシグナルが出る事は割と簡単に予想出来る。そう考えて行くと結局は売りも買いも値動きが荒くなりそうな銘柄にシグナルを出してるだけで後はかなりの部分運任せみたいな事になってるんじゃないかとも思えてくる。少なくともこの勝ちトレードに関しては実力の勝ちではなく、単なる偶然の勝ちトレードと考えた方が良いのだろうなぁ。
 今晩はサッカーのロシアW杯最終予選イラク戦だ。9月のUAE戦ではまさかの最終予選黒星スタートになってしまったけれど頑張って欲しいものだ。今日は久しぶりに焼酎でも飲みながら観戦しよう。現状日本代表は世代交代が遅れているので若い選手に頑張って欲しい、個人的には浅野選手に期待したい。

本日の収支 +126364円 持越し8銘柄
本日の体重 87.1キロ
本日の血圧 140-88

PageTop

台風

 今日の仕掛けは39銘柄、約定したのは13銘柄。持越しの手仕舞いは1銘柄、ククルスドアンの継続保有分でプラス5000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが1銘柄ヒットしてプラス4000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、1勝2敗でマイナス13000円。順張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー2、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル1。全て持越しで含み益が74000円程。妖怪人間ベムが1銘柄ストップ高銘柄を捕まえている。一応貼り付きで終わってるけど明日はどうかな?
 また台風が来ているみたいだ。私の住んでいる地域では今のところ風も大したこと無いし、まだ雨も降っていない。天気予報によると夜にかけて近畿地方に最接近するとの事。コロッケを買いに行くなら今のうちかなw今回の台風は対馬海峡を通って日本海側から日本上陸という珍しいコースだ。今年は迷走台風もあったし予想は難しそう。株の予想と天気の予想は似ている部分が多い様に思う、気象予報士という仕事も大変だなぁw

本日の収支 -4593円 持越し9銘柄
本日の体重 86.0キロ
本日の血圧 137-81

PageTop

思い違いの法則

 今日の仕掛けは8銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが1銘柄ヒットしてプラス3000円。昨日から継続保有分の1銘柄はそのまま持越しで含み損が5000円程。今日も昨日に続いて順張り勢はお休み、大引け後に確認したら一応明日は順張り勢が戦線復帰しそうだ。揉み合いが続いていてやりにくいなぁ。
 レイ・ハーバート「思い違いの法則 じぶんの脳にだまされない20の法則」読了。これも図書館で借りてきた本。人間が進化の過程で獲得してきた20種類のヒューリスティックについての解説本。ヒューリスティックは原始時代に東アフリカのサバンナで生活していた人類が大自然の中で生き残る為にどうしても必要だった能力である。時代が変わり、この能力が現代の社会生活の中でどの様に便利に使われ、またどの様な不都合を生み出しているのかが説明されている。原始時代には特に問題にはならなかったヒューリスティックエラーが現代社会では大問題になったりするw
 ヒューリスティックとは人が複雑な問題解決などのために、何らかの意思決定を行うときに、暗黙のうちに用いている簡便な解法や法則のことを指す。簡単に言えば直観と呼ばれるものである。一方、ヒューリスティックに対応する言葉としてアルゴリズムがある。アルゴリズムとは論理構造を持つ問題解決の方法。アルゴリズムは論理構造を持つので論理演算子(数式)で記述する事が出来る。一般にシステムトレーダーが戦略とかロジックとか売買ルールとか呼ぶものはこのアルゴリズムである。アルゴリズムは数式なので一貫性を持つことを可能にさせる、馬鹿馬鹿しいかもしれないが1+1の答えは誰がいつ計算しようが常に2であるwシステムトレードの強みの一つはこの数式の持つ一貫性だと考える事が出来る。
 システムと裁量の組み合わせでトレードしている人も居るのでかなり乱暴な議論になるが大雑把にチーム分けすると、システムトレーダー=アルゴリズムチーム、裁量トレーダー=ヒューリスティックチーム、という分類が出来るだろう。つまりヒューリスティックについて知る事は裁量トレーダーが株式市場の様な不確実性の高い場所においてどの様なやり方で意思決定をするのかを考える意味でも大事な事だと思う。戦略作成の際に裁量トレーダーが株式市場で犯しがちなヒューリスティックエラーを上手く狙う様な戦略を作る事が出来れば、戦略の陳腐化やカーブフィッティングの心配もあまりしなくて済むかも知れない。何しろヒューリスティックは人類の進化の過程で獲得してきた本能なのだ、そう簡単に消せるものでは無い筈wそういう意味で各種ヒューリスティックについて丁寧に解説されているこの本は面白いと思いました。

本日の収支 +10405円 持越し1銘柄
本日の体重 86.1キロ
本日の血圧 121-70

PageTop

全シ連32話

 今日の仕掛けは4銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは4銘柄、若干のGDでマイナス37000円。新規仕掛けは逆張りスイングのククルスドアンが1銘柄ヒットしてそのまま持越し、含み益が1000円程。今日はまたしても相場判定が作動して順張り戦略はお休み、あまり面白くない流れだなぁ。
 坂本タクマさんのシストレマンガ「全シ連32話」を読んだ。日々のトレード結果を見ていると自分でも気が付かないうちに勝ちトレードでは勝った理由を、負けトレードでは負けた理由を考えている事がある。シストレブログ界隈を見回しても「○×がこうだったのでこのトレードは勝てました」とか「△□が駄目だったのでこのトレードはマイナスです」という内容は多い。どうやら人間はあらゆる物事に「因果関係」とか「納得の出来る説明」を求める生き物らしい。勿論、必然の勝ちも必然の負けも存在するとは思う、しかし実際は自分が考えている以上に偶然の影響というのは大きいんじゃないかな。「ブラック・スワン」のナシーム・タレブじゃないが人間が物事を正確に予測出来る範囲は自分達が考えているよりもかなり狭い。まぁ勝っても負けても運次第なんて言うと随分心細い話ではあるw勝ちトレードを友達に自慢したり後知恵で色々負けた言い訳を考える程度なら大して害は無いと思うけど、自分の力を過信してポジションサイズを大きくし過ぎたり、敗因を考え過ぎて悩んだ末にメンタルやられてトレード停止とかになると大変だ。事前の戦略作成における検証はしっかりやった上で実トレードに際しては勝って驕らず、負けたらフテ寝でもして忘れちゃう位で良いんじゃないかなと思うw

本日の収支 -26424円 持越し1銘柄
本日の体重 86.9キロ
本日の血圧 125-85

PageTop