株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

ドイツ帝国が世界を破滅させる

 今日の仕掛けは41銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは指値未到達で無し。新規仕掛けは逆張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はジェットストリームアタック5、魔人ヤゴゲルゲ2、水陸両用モビルスーツゴッグ2。継続保有分の1銘柄も加えて全て持越しで含み損が9000円程。これに加えて水陸両用モビルスーツゴッグのシグナルで「安値=指値」パターンでの約定が1銘柄あり、イザナミ上は発生しないトレードなので引け成りで手仕舞い。プラス9000円。まだシグナルは少な目、今日の下げで明日辺りはそこそこの数のシグナルが出そうかな。
 エマニュエル・トッド「ドイツ帝国が世界を破滅させる」読了。これも図書館で借りてきた本。著者のエマニュエル・トッドはフランスの歴史人口学者・家族人類学者、1976年にはソ連崩壊を言い当てたり2002年にはアメリカ発の金融危機を言い当てたりしてる。出生率や乳児死亡率の変化で色々解るらしい。実は同著者の本で読みたい本が別にあったのだがその本は貸し出し中だったので仕方なくこの本を借りてきたw
 本書は雑誌やウェブサイト上のインタビューを文字起こししたもので、自国(フランス)政治家の体たらくを嘆きつつドイツやユーロについて語っている。国によって異なる家族の構成型で権威主義になりやすい国とか個人主義・自由主義を好む国とかに分類出来るそうだ。長子相続が基本のドイツや日本は権威主義に傾きやすいとのこと。そしてユーロをめぐるヨーロッパの現状はドイツが他のEU諸国を服従させていて、将来的にはアメリカとの衝突もあるのではないかという事だ。そいえばこの前のトランプとメルケルの会談でトランプが握手拒否してたなwまぁトランプの握手拒否は冗談としてもグローバリズムの退潮と保護主義の台頭という現象がこの数年の世界経済のテーマであることは間違いないと思う。仕方なく借りてきた本だけど中々面白かった。

本日の収支 +9100円 持越し10銘柄
本日の体重 88.3キロ
本日の血圧 123-71

スポンサーサイト

PageTop