株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

~する奴0人説

 今日の仕掛けは41銘柄、約定したのは16銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄、GDでプラス55000円。新規仕掛けは逆4銘柄ヒット、3勝1敗でプラス4000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが4銘柄ヒット、3勝1敗でプラス27000円。順張りスイング勢が8銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー3、ブロッケンマン2。全て持越しで含み益が136000円程。今日は仕掛けに寄り指し注文を使うタイガージョーで「指値=始値=安値」のパターンが出て空振りが発生、こんなん対処無理w一応ストロンガーが1銘柄ストップ高を捕獲しているが貼り付きの株数が微妙であまり期待出来そうにない。
 昨夜、録画していた「水曜日のダウンタウン」を観た。最近この番組はお気に入りである、個人的には今一番面白いバラエティ番組だと思っている。この番組では芸人や視聴者が色んな説を持ち寄って番組で検証を行う。色んな説があるがそのうちの一つに「~する奴0人説」というものがある。昨夜観た録画分の中で1年前にたむけんが持ち込んで珍しく立証されたはずの「今サングラスをケミストリー川畑式でかけてる奴マジで0人説」のケミストリー川畑式でサングラスをかけてる人を別ロケの最中に見つけるという場面があった。つまり、1年前に立証されたはずの説が1年掛けて反証されたという事。帰納法の形になる「~する奴0人説」は説の立証は非常に難しい、ブラックスワンはいつか必ず降臨するからだ。1年掛かりで説立証ならずとなったたむけんは「こんなんおかしいやん」と不満を漏らしていたw
 さて、システムトレードとは過去の株価データを利用した帰納推論である。過去にあったブラックスワン的な大ヤラレトレードを条件フィルターで除外して戦略を作る、やってる事を突き詰めればたむけんと同じ様な事をやっている訳だ。たむけんが設定した「ケミストリー川畑式でサングラスをかけてる奴」というフィルターは1年間は真理であったが、今回の放送で見つかったブラックスワンによって説は破られた。同じように私のシステムもいつなんどき過去データに例のない糞ヤラレトレードが来るか解らない。その時になってたむけんみたいに「こんなんおかしいやん」と文句を言っても損したお金は返って来ないw帰納推論の脆さを意識してせめてメンタルがやられないように常に大ヤラレが起きる心積もりをしておこう。一応シストレブログなので無理矢理シストレ方面に話を持ってきたが我ながらやや強引過ぎたかw

本日の収支 +111414円 持越し8銘柄
本日の体重 88.8キロ
本日の血圧 126-76

スポンサーサイト

PageTop

浜矩子先生

 今日の仕掛けは47銘柄、約定したのは15銘柄。持越しの手仕舞いは11銘柄、GUで少しだけ損がマシになるwマイナス139000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが6銘柄ヒット、4勝2敗でプラス33000円。順張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はアマゾン5、ストロンガー1、妖怪人間ベム2、ロメロスペシャル1。全て持越しで含み益が104000円。今日は前場に沈む時間帯が続いたけど後場からの切り返しでそこそこの含み益、一進一退の状況が続く。
 週刊現代に「いま、日本で一番信用出来る人ベスト100」という記事があるらしい。上位には北野たけしや山中伸弥教授、池上彰なんかがランクインしているらしい。そして59位には「紫BBA」の愛称で親しまれる浜矩子先生がランクインw浜先生といえば日経平均5000円説とか1ドル=50円説で有名なお方。ここ数年は毎年世界経済・日本経済崩壊を予想する書籍を書かれている。「紫BBAは外しまくりじゃねぇか」と馬鹿にしてはいけない、浜先生は「経済崩壊を言い続ければいつか必ず的中する」という戦略を採用しておられるのだ。負けた事を認めない限り負けじゃない、予想を外した事を認めない限り予想は外れていない、凄い精神力だと思うw週刊現代の人はもう少し真面目に仕事をしましょう。

本日の収支 -90218円 持越し9銘柄
本日の体重 89.0キロ
本日の血圧 131-84

PageTop

経済は感情で動く

 今日の仕掛けは49銘柄、約定したのは16銘柄。持越しの手仕舞いは8銘柄、GUでマイナス16000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが2銘柄ヒット、0勝2敗でマイナス53000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、1勝2敗でマイナス16000円。順張りスイング勢が11銘柄ヒット、内訳はアマゾン5、ストロンガー1、妖怪人間ベム1、ロメロスペシャル4。全て持越しで含み損が185000円。ベムが掴んで来た某銘柄が凶悪な値動きで酷い目に遭う(´・ω・`) 今日は散々だったなぁ。
 マッテオ・モッテルリーニ「経済は感情で動く」読了。これも図書館で借りてきた本。著者はイタリアの経済学者、副題は「はじめての行動経済学」となっている。前半は副題の通り行動経済学に関する内容でダニエル・カーネマンの「ファスト&スロー」と重なる部分が多くて「ファスト&スロー」既読の私には少し退屈だったが後半に紹介されている神経経済学の解説は面白かった。トレードの判断は合理的な物でなければいけない。その為には脳の中で合理的認知作業を行っている前頭前野皮質の背外側部を働かせなければいけない。なるほど、解らんw人間が感情に振り回される仕組みを楽しみなら読むことが出来て面白かったです。

本日の収支 -78239円 持越し11銘柄
本日の体重 89.3キロ
本日の血圧 141-94

PageTop

アクロバチック

 今日の仕掛けは49銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは10銘柄、少しGDでマイナス42000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラス1000円。順張りスイング勢が8銘柄ヒット、内訳はアマゾン2、ストロンガー3、ブロッケンマン3。全て持越しで含み損が30000円程。穏やかな相場で緩やかに負ける(´・ω・`)
 昨晩、加計学園問題で前文部科学事務次官の前川喜平さんが会見をやっていた。先日読売新聞が報道していた出会い系バーに通っていた事に関して「バーに出入りしたことで文科行政、教育行政の課題が見いだせた。そういう意味では役に立ったと思っているし、意義があったと思っている」との事。 なかなかアクロバチックな言い訳であるw出会い系バーが少女売春の温床になっている事を考えると、昔あった大蔵官僚によるノーパンしゃぶしゃぶよりインパクトが強い。 森友の籠池理事長並みのキャラは暫く出てこないと思っていたが世の中は広く香ばしい人材が溢れているw

本日の収支 -46052円 持越し8銘柄
本日の体重 89.2キロ
本日の血圧 141-96

PageTop

気長に

 今日の仕掛けは41銘柄、約定したのは12銘柄。昨日ノーポジの為持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、2勝0敗でプラス24000円。順張りスイング勢が10銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、ストロンガー3、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン4。全て持越しで含み損が33000円程。今日は順張り戦略が戦線復帰。それなりに約定はしたけど約定後の伸びはどの銘柄もイマイチwまぁ大ヤラレしてる訳ではないのだから気長にやるしかないか。

本日の収支 +6180円 持越し10銘柄
本日の体重 88.7キロ
本日の血圧 122-75

PageTop

普天間交渉秘録

 今日の仕掛けは3銘柄、約定は無し。持越しの手仕舞いは11銘柄、GUでプラス87000円。新規仕掛けのシグナルは逆張りスイングのククルスドアンのみ。順張り戦略はまたしても相場判定が効いてお休み、どうやら相場判定の境界線を行ったり来たりしている様子。今日の新興市場なんかは稼ぎやすそうなんだけどなぁ(´・ω・`)
 守屋武昌「普天間交渉秘録」読了。これも図書館で借りてきた本。著者は元防衛事務次官、90年代から防衛省を退職する2007年まで沖縄の普天間問題に携わってきた人。というか当時防衛大臣だった小池百合子との喧嘩や退職後に告発された収賄事件の印象の方が強いかも知れない。収賄での告発→有罪判決という事で印象は悪いけど実はかなり優秀な役人。在日米軍再編計画と普天間移転に関して防衛省とアメリカ、沖縄県、名護市、北部地域の首長、らとの交渉の経緯が著者の詳細な日記を基に書かれている。私は本州の米軍基地が全く無い場所で生活する者として基地負担に耐える沖縄の人に同情的な気持ちを持っているが、この本を読んでみてこの問題はそんなに単純なものでは無い事を思い知らされた。ジュゴンの棲む辺野古の海をもっと広範囲に埋め立てさせろと要求しまくってたのは地元名護市の市長と助役。埋め立て面積が多ければ多いほど工事費用は大きくなり工事を受注する地元の建設会社は儲かる。市長らは地元の業界の意向を汲んでいる訳だ、結局は金である。一方、防衛省は埋め立て面積を出来るだけ小さくなる案としてV字滑走路を提案するが、それとてジュゴンの事を考えての事ではない。埋め立て範囲が広くなると反対派市民団体に環境破壊をアピールされてしまうのでそれを避ける為に出来るだけ埋め立て面積が小さくなる案を押し通した。日本人は環境問題に弱い、環境破壊をネタに世論を刺激されると反対派に勢いを与えてしまうのだ。結局、沖縄も防衛省も誰一人としてジュゴンの事なんか考えていないw
 面白かったのは2007年の環境アセスメント調査の為に辺野古の海中に計測機械を設置する作業の話だ。著者はこの作業を秀吉の「墨俣の一夜城」になぞらえて反対派市民団体やマスコミに気付かれない様に深夜の奇襲形式を実行したそうだ。反対派グループに見つかれば妨害行為を受ける事になるし、もし反対派と揉み合いにでもなればその映像をマスコミに流されてしまい、世論は一気に「防衛省は強引だ」となってしまう。作業を「強行」している映像を撮りたいのが沖縄でありマスコミなのだ。その為に防衛省は深夜2時に20キロ離れた場所からゴムボートで接近して潜水作業を行う。作戦は成功し、無事に環境調査は始められる。まぁこんなに苦労して環境調査したのに3年後には民主党鳩山首相の「最低でも県外」という馬鹿発言で台無しになるんだけどw
 普天間問題は現在も進行中の事案だし関心も高い、交渉の当事者が当時の日記を基に書いたこの本はとても参考になる本だと思う。また巻末には著者が考える日本の防衛のあり方も掲載されていて非常に参考になった、面白かったです。

本日の収支 +89966円 持越し無し
本日の体重 89.2キロ
本日の血圧 130-84

PageTop

なぜ、習近平は激怒したのか

 今日の仕掛けは37銘柄、約定したのは14銘柄。昨日ノーポジの為持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、2勝1敗でマイナス16000円。順張りスイング勢が11銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー3、妖怪人間ベム2、ブロッケマン2、ロメロスペシャル1。全て持越しで含み益が35000円程。順張り戦略が戦線復帰したが大した動きも無く平穏wまた明日以降に期待しよう。
 高口康太「なぜ、習近平は激怒したのか」読了。これも図書館で借りてきた本。中国版ツイッター「微博」で活躍した風刺漫画家の辣椒(ラージャオ)が日本に亡命を余儀なくされた背景を解説する内容。2009年~2012年頃までの中国ではネット論壇が隆盛となっていたんだけど習近平体制以降は言論統制がかなり厳しくなっていてオピニオンリーダーが拘束される事例が多くなっているとの事。私も含めて西側の人間はインターネットの登場が中共の独裁体制に風穴を開けるのでは?と期待していたが、どうやら習近平体制は予想を上回る強力な言論統制を敷いている様だ、まさにディストピア。第4章で出てくる「愚民化」の部分は考えさせられた。日本と中国ではそもそも愚民の意味が違うんだなぁ。先日読んだ古畑康雄の「習近平時代のネット社会」と重なる部分もあったけど中国の現状を知るには良い本だと思う。

本日の収支 -16401円 持越し11銘柄
本日の体重 88.8キロ
本日の血圧 141-96

PageTop

手持無沙汰

 今日の仕掛けは無し、当然約定も無し。先週末ノーポジの為持越しの手仕舞いも無し。つまり何も無しw先週末に続いて相場判定が効いて順張り戦略はお休みで逆張りのククルスドアンも沈黙。手持無沙汰でつまらんが多分明日からは順張り戦略が戦線復帰しそうなので我慢する。口座残高は先週末の利確分の税金が引かれて減少。

本日の収支 -27127円 持越し無し
本日の体重 89.1キロ
本日の血圧 129-85

PageTop

平穏

 今日の仕掛けは無し、当然約定も無し。持越しの手仕舞いは8銘柄、GUでプラス130000円。昨日の全体的な下げで相場判定が効いて順張り戦略はお休み入り。唯一仕掛けシグナルを出す可能性があったのは逆張りスイングのククルスドアンだったけど今朝の寄り付き状況ではシグナル無しでノートレ。この感じだと来週はまた眺めてるだけのつまらんトレードになりそうw

本日の収支 +130419円 持越し無し
本日の体重 89.4キロ
本日の血圧 124-75

PageTop

天才数学者、株にハマる

 今日の仕掛けは54銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは14銘柄、NY市場の急落&円高を受けて大幅GDでまさかのマイ転(´・ω・`) マイナス29000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス9000円。順張りスイング勢が8銘柄ヒット、内訳はストロンガー4、ブロッケンマン2、ロメロスペシャル2。全て持越しで含み益が71000円程。昨日の含み益21万円→今朝の実現損マイナス3万円、その差約24万円。トランプめ、許さんぞ。一般に、大き目の含み益が消えて損失に転じるというのはトレーダーにとって最も苦痛な状況の一つである。これは行動経済学のプロスペクト理論の横軸に損益、縦軸に主観的価値を採った場合における非線形グラフの傾きが極大に達する場面。まさしく今朝の私の感情はあのグラフの傾きの様に激しく落ち込んだという事w所詮は含み益はあくまで含みでしかない、勝手に捕らぬ狸の皮算用をした私が間抜けだったのだ。しかしなぁ・・・お金返してっ!(泣)
 ジョン・アレン・パウロス「天才数学者、株にハマる」読了。これも図書館で借りてきた本。タイトルの通り数学者である著者がITバブル崩壊の過程でワールドコム株で大損した体験を参考に市場、リスク、分散投資の有効性、カオス理論に到るまで様々なテーマに関して綴ったエッセイ。著者は含み損が膨らんで行く過程で追証を入れ続けた挙句ナンピンもやっていた様で、損切り出来ない典型的な駄目パターンでぶっこいたらしいwそのせいか文中にはかなり自虐的なギャグが散りばめられている。個人的には9章の「効率的市場仮説のパラドックス」が面白かった。全体的に自虐ネタが解りにくくて若干読みにくい所もあったけど面白かったです。

本日の収支 -40456円 持越し8銘柄
本日の体重 89.3キロ
本日の血圧 133-88

PageTop

穴埋め

 今日の仕掛けは52銘柄、約定したのは16銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄、GDでマイナス42000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス43000円。順張りスイング勢が14銘柄ヒット、内訳はアマゾン7、ストロンガー2、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル2。全て持越しで含み益が212000円程。今日はデイトレのエースがストップ高銘柄を掴んで来て昨日からの持越し分のGDを穴埋めしてくれた。順張りスイング戦略の持越し分も含みが20万円超えで良い感じ、明日は無難に利確したいなぁw

本日の収支 -5801円 持越し14銘柄
本日の体重 88.8キロ
本日の血圧 141-96

PageTop

噛み合わない

 今日の仕掛けは29銘柄、約定したのは7銘柄。持越しの手仕舞いは12銘柄、NY市場は上げて戻って来たのにGD(´・ω・`) プラス9000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラス21000円。順張りスイング勢が6銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー1、ブロッケマン2。全て持越しで含み損が26000円程。ストロンガーが仕掛けた銘柄で1%超のスリッページが発生。しかもその銘柄が凶悪な動きで足を引っ張る。他はそこそこ良い感じだったのになぁ。地合いは結構良い筈なのに噛み合わないトレードが続く。

本日の収支 +50029円 持越し6銘柄
本日の体重 89.0キロ
本日の血圧 125-77

PageTop

ヘンな論文

 今日の仕掛けは47銘柄、約定したのは15銘柄。持越しの手仕舞いは5銘柄、少しだけGUでマイナス77000円。逆張りデイトレのタイガージョーが3銘柄ヒット、1勝2敗でマイナス19000円。順張りスイング勢が12銘柄ヒット、内訳はアマゾン5、ストロンガー1、妖怪人間ベム1、ブロッケマン2、ロメロスペシャル3。全て持越しで含み益が61000円程。指数は東証1部も新興市場も寄り底からの戻し の展開で悪くないんだけど仕掛け銘柄がイマイチ伸びない。
 サンキュータツオ「ヘンな論文」読了。これも図書館で借りてきた本、題名を見ただけで衝動的に借りてきたw著者はオフィス北野所属のお笑い芸人で日本初の学者芸人。著者は趣味として「ヘンな論文」を収集しているそうで、本書では全部で13本の論文が紹介されている。公園の斜面に座るカップルの観察、浮気男の頭の中、おっぱいの揺れとブラのズレ、等々の研究内容。一見なんでこんなものを研究しているのか?この研究が何の役に立つの?と思わず笑ってしまうw全体的には風変わりな研究論文をネタにして面白おかしく紹介する内容だが、最終13章とあとがきで著者は近年の論文コピペ問題や無断引用に関して真剣な問題提起をしていて、決しておふざけだけの本ではないと感じた。論文を解説・紹介する著者の文章も軽快で解りやすく楽しんで読めました、面白かったです。

本日の収支 -79108円 持越し12銘柄
本日の体重 89.3キロ
本日の血圧 129-83

PageTop

駄目な日

 今日の仕掛けは47銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは11銘柄、GDでマイナス92000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス15000円。順張りスイング勢が5銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、ストロンガー1、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン1。全て持越しで含み損が80000円程。今日は昨日からの持越しの手仕舞い、デイトレ、新規スイング、全て駄目な日。持越しが5銘柄と比較的に少ないのに結構な含み損になっている。何とも嫌な気分で週末かぁ(´・ω・`)

本日の収支 -102588円 持越し5銘柄
本日の体重 89.2キロ
本日の血圧 143-95

PageTop

じぶんというもの

 今日の仕掛けは40銘柄、約定したのは14銘柄。持越しの手仕舞いは11銘柄、GDでプラス17000円。新規仕掛け順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、1勝2敗でマイナス44000円。順張りスイング勢が11銘柄ヒット、内訳はアマゾン4、ストロンガー2、妖怪人間ベム1、ブロッケンマン3、ロメロスペシャル1。全て持越しで含み損が57000円程。ここのところ少し調子が上向いていたのだが、今日は穏やかな相場で穏やかに負けてる感じ(´・ω・`)
  金子光晴「じぶんというもの」読了。これも図書館で借りてきた本。漂泊の詩人金子光晴の随筆集、金子が70代以降に書いたものが纏められている。副題は「金子光晴老境随想」となっている。一般的に老境と言えば枯れて達観した様子になりそうなものだが、金子の場合は老人としての迷いを正直に述べていて素直に読む事が出来る。
 昭和42年の「年齢」と題した随筆では「僕は人が悟るなどという事は好きではないので大いに迷えれば、と思うのだが女のおまんこを見てもへのこが立たない。これじゃあもう人間もシャッポだ」と枯れた老人として達観した素振りをみせつつも、最後に「シャカもいや、ヤソもうるさいし、マルクスも、マオツートンも居ぬにしかめやは。」と締めて持ち前の反骨精神を隠さない。その他、金子光晴なりの人生訓と言って良い随筆も多数収録されていて面白かった。

本日の収支 -55572円 持越し11銘柄
本日の体重 88.9キロ
本日の血圧 133-89


PageTop

ツキの科学

 今日の仕掛けは45銘柄、約定したのは13銘柄。持越しの手仕舞いは16銘柄、GDでプラス97000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス33000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス15000円。順張りスイング勢が11銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー1、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン5。全て持越しで含み益が24000円程。マザーズ、ジャスダックの新興市場は共に寄り底の展開で良い感じ。
 マックス・ギュンター「ツキの科学」読了。これも図書館で借りてきた本。著者はアメリカのジャーナリスト・投資家。前半は運という言葉の定義に始まって運をコントロールする方法を検討する。ランダム理論から超能力、数秘術、占星術、予知夢まで偏見を排除し予断を持たずに解説されている。後半では運を良くする方法が書かれている。中でも直感力を鍛える方法が面白かった。「怠けたい」という理由で直感に頼らないというのは自分にとってかなり的を射たアドバイスな気がするw結構古い本だと思うけど面白かった。

本日の収支 +142441円 持越し11銘柄
本日の体重 88.9キロ
本日の血圧 136-91

PageTop

人工知能が金融を支配する日

 今日の仕掛けは32銘柄、約定したのは16銘柄。持越しの手仕舞いは20銘柄、GDでマイ転マイナス1000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が16銘柄ヒット、内訳はアマゾン6、ストロンガー2、妖怪人間ベム5、ブロッケンマン3。全て持越しで含み益が149000円程。昨日20銘柄で合計1100万円程持ち越してマイナス1000円で着地w市場におちょくられてる様な気がしてきた。今日はブロッケンマンがストップ高銘柄を捕獲しているが貼り付き株数が大したこと無いのであまり期待出来そうにない。
 櫻井豊「人工知能が金融を支配する日」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の櫻井さんは東京銀行のロンドン支店でトレーディング業務とかやった後にソニー銀行の立ち上げに参加した人。人工知能に関してはここ最近数冊の本を読んでいる事もあり、この本から特に新しい知識を得る事は無かった。近年ヘッジファンドが人工知能の研究者を盛んに雇い入れているとの事だが肝心の「人工知能をどうトレードに活かすのか?」という部分に関しては「外部の人間は推測するしかありません」との事なので知りたいことは結局解らずじまいwまぁそれでも日本の金融機関の経営者に数理的なセンスが欠けているという著者の指摘は恐らく正しい。たぶん経済学部が文系の学部とされてる事が間違ってるんだと思う。そもそも文系と理系を分けるのは日本独特のやり方で海外ではそんな区別が無いという話もあるがw個人的な感想としてはイマイチだったけど、金融と人工知能の関わりを概観するには良い本なのかもしない。

本日の収支 -25215円 持越し16銘柄
本日の体重 89.2キロ
本日の血圧 143-92

PageTop

アフリカにょろり旅

 今日の仕掛けは43銘柄、約定したのは24銘柄。持越しの手仕舞いは7銘柄、連休中の海外市場が堅調だったことの恩恵を受けて6万円の含み損からなんとかプラテン。プラス1000円w新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが4銘柄ヒット、3勝1敗でプラス62000円。順張りスイング勢が20銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー5、妖怪人間ベム5、ブロッケンマン4、ロメロスペシャル2。全て持越しで含み益が32000円程。今日は沢山トレードしたなぁ。持越しも20銘柄と多めだが、その割には含み益の金額はしょぼい(´・ω・`)
 青山潤「アフリカにょろり旅」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の青山さんは東京大学海洋研究所の研究者、この本は第7回酒飲み書店員大賞受賞作である。著者がラビアータという種類のウナギを求めてアフリカのマラウイ、モザンビークを旅した記録だ、自分探しの旅をする人は沢山いるがウナギ探しの旅をする人は珍しい。真面目な人達である、東京大学の塚本研究室といえばニホンウナギの産卵場所を突き止めた事が有名だ。まさにその真面目な人達が繰り広げるドタバタ旅行記だから面白い。野良象に襲撃されそうになったり、便器の中に40センチの高さまで積み上げられたウンコに苦しんだりしながらウナギ探索を諦めないw限られた研究予算でやりくりしながらの苦闘旅。現在ニホンウナギは絶滅危惧種に指定されている。私も含めて日本人はウナギ好きは多いんだから政府はもっと青山さん達に研究予算を付けてあげれば良いのに。

本日の収支 +13292円
本日の体重 89.3キロ
本日の血圧 121-78

PageTop

更新遅れます

 本日所用の為ブログ更新遅れます。夜には更新出来ると思います。

PageTop

量子コンピュータが人工知能を加速する

 今日の仕掛けは27銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは10銘柄、昨日ストップ高の某銘柄が続伸してくれてプラス222000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス6000円。順張りスイング勢が7銘柄ヒット、内訳はアマゾン2、ストロンガー2、ブロッケンマン3。全て持越しで含み損が63000円程。今日は久しぶりに20万円以上の利確、僅か数千円だけど資産高値も更新して清々しく連休入り。
 西森秀稔 大関真之「量子コンピュータが人工知能を加速する」読了。これも図書館で借りてきた本。2015年12月、NASAとグーグルは会見を開いて量子コンピュータの性能テストの結果を発表した。その内容は、2年間にわたって運用されたカナダのD-WAVEシステムズの量子コンピュータは従来のコンピュータに比べて1億倍高速であるという衝撃的なものだった。
 このD-WAVEシステムズでは従来のコンピュータでは難しかった「組み合わせ最適化問題」の厳密解を短時間で計算出来る。従来から研究されてきた量子ゲート方式ではなく、量子アニーリング方式を採用することで実用化に漕ぎ着けたという。実はこの量子アニーリングを世界で最初に提唱したのは本書の著者の西森さんだ。本書では量子アニーリングについて詳しく解説されていて解りやすかった。それにしても「シュレーディンガーの猫」状態を利用してこんな事が可能になるとはなぁ。「0」でもあり同時に「1」でもある状態とか何だかヘンテコだし完全に人間の直観に反してるがw量子物理学ほど訳がわからない学問は珍しいけど、量子物理学ほど実生活に影響を与える学問も中々無いな。私は量子コンピュータに関してはNHKの番組で取り上げられたのを観たり、以前に読んだサイモン・シンの「暗号解読」の中で紹介されたのを読んだだけで何となくの仕組みだけは知ってる状態でこの本を読みました。複雑な数式は使われておらず、ド文系の私でも解りやすい解説書で面白かったです。人工知能や量子コンピュータに興味のある方にはオススメです。

本日の収支 +245327円 持越し7銘柄
本日の体重 88.5キロ
本日の血圧 127-79

PageTop

溶ける

 今日の仕掛けは37銘柄、約定したのは12銘柄。持越しの手仕舞いは5銘柄、大き目にGUした銘柄が1つあったおかげで10万円超の含み損がほぼ消えてマイナス4000円で許して貰えたw新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でマイナス33000円。順張りスイング勢が10銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ストロンガー2、妖怪人間ベム2、ブロッケンマン3。全て持越しで含み益が109000円程。ストロンガーが1銘柄ストップ高貼り付き銘柄を捕まえてきてるけど微妙かなぁ、あまり期待しないでおこうw
 井川意高「溶ける」読了。これも図書館で借りてきた本。著者は元大王製紙会長でギャンブルに嵌ってカジノに通いまくって会社の金を100億円程スッちゃった人。事件当時はテレビのワイドショーなんかでもかなり話題になったと記憶している。サブタイトルには一応「懺悔録」という言葉があるのだが、読み終えて最初の感想は「この本は一体何の本なの?」という印象w前半の大学入学までは厳格な父親との生活が書かれてたりして私小説的な印象がある。続いて書かれている大王製紙入社から社長就任までの過程はビジネスのハウツー本的な要素が出てくる。そして銀座や六本木での夜の交友に関する部分はセレブの自慢本になって来るwそして終盤には週刊現代の報道とドキュメンタリー作家・佐野眞一氏に対する反論もある。最終盤に2ページの反省文で締めくくっている。結局何が書きたかったのだろう?個人的には借金は全部返してるみたいだし別に反省しなくても良いと思う。それにしてもこの本は懺悔録としては奇書と言って良い内容だw
 これは偶然なのだがこの本を読み終えた昨日の夜にAbemaTVで「第3回坊主麻雀」という企画をやっていて井川氏が出演していた。坊主麻雀とは優勝賞金は500万円で、負けたらその場で坊主にならないといけないというルール。どうやら井川氏は去年12月に刑期を終えて出所してきたらしい、他の参加者はホリエモン、中野浩一、貴闘力。9半荘やって結果は井川氏が優勝、最下位のホリエモンが丸坊主にされていた。ホリエモンは2大会連続の丸坊主らしいw井川氏の優勝コメントは「最後、本当に苦しかったです。(賞金は)夜の港区の活性化に使わせていただきます」との事。・・・うむ、やっぱり反省してねーなw

本日の収支 -15705円 持越し10銘柄
本日の体重 88.1キロ
本日の血圧 137-91

PageTop