FC2ブログ

株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

キメラ 満州国の肖像

 今日の仕掛けは40銘柄、約定したのは8銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄、GDでマイ転。マイナス44000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが2銘柄ヒット、1勝1敗でマイナス10000円。順張りスイング勢が6銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、ブロッケンマン1、スピニング・トゥ・ホールド4。全て持越しで含みはトントン。昨日のストップ高貼り付き銘柄は一応続伸はしたものの、思った程の伸びは無くて残念(´・ω・`)今日は新興市場の指数は良い感じの寄り底→高値引けで絶好の順張り日和に見えるのだが、私の仕掛け銘柄にはほぼ恩恵が無い。
 山室信一「キメラ 満州国の肖像」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の山室さんは京都大学人文科学研究所教授。先日読んだ三浦英之「五色の虹」の中でこの本や山室教授の言葉が紹介されていたので今回読んでみた次第。多くの参考文献にあたって満州国の成立過程、行政機構、運営実態、当時の国内外での評価、などが詳しく解説されている。表題の「キメラ」とは頭が獅子、胴が羊、尾が龍という伝説の怪物。日本の傀儡国家でありながら一方で「民族協和」、「王道楽土」をスローガンとした得体の知れない国家の実像を著者は怪物として表現している訳だ。
 学校の歴史の授業では満州国は日本の傀儡国家だと教わった、満州国建国→リットン調査団→国際連盟脱退という一連の流れは後の太平洋戦争と破滅への入口だったとも。中国では満州国のことを「偽満州国」とか「偽満」と呼ぶ様だ。一方、満州国建設を一種のユートピア実現の試みとする人々も居る。満州国総務庁次長を務めた岸信介は1965年の満洲回顧集刊行会編「あゝ満洲」にて「民族協和、王道楽土の理想が輝き、科学的にも良心的にも果敢な実践が行われた。それは正しくユニークな近代的国づくりであった。直接これに参加した人々が大きな希望のもとに、至純な情熱を傾注しただけでなく、日満両国民は強くこれを支持し、インドの聖雄ガンジーも遥かに声援を送った。当時、満洲国は東亜のホープであった」と満州国建設を振り返っている。両者の評価が極端に分かれていて何が何だか解らない、正にキメラであるw
 意図と結果が正反対になる事はままある事なんだし、どちらの意見が正しいのか?などという二元論で考えてもあまり意味が無いように思う。しかし、最終章「キメラ その実相と幻像」で著者が指摘している満州国では国籍法が制定されずに終わったという事実は急所を突いているのではないか。当時満州建国に関わった日本人たちの微妙で複雑な本音が透けて見える様だ。満州国建設の理想に燃えて努力しつつも日本国籍を離れる事には逡巡がある。だから国籍法は制定されず王道楽土満州国とは国民なき兵営国家でしかあり得なかった。
 一応、中学と高校で日本の歴史は習った筈なんだけど近現代史はあまり詳しく教わっていない。近現代史を習うのはいつも3学期だったし、先生も何故だか軽く触れるだけ。最近の学校の事情はよく知らないが、私の世代ではそういう人は多いと思う。少なくとも私はそうだった。だから近現代史に関しては自分で勉強しないといけない。その為には思想的に偏らず出来るだけ客観的な書籍が必要だ。そういう意味で本書は満州国前後の歴史に関するとても良い「教科書」だと思います。

本日の収支 -108155円 持越し6銘柄
本日の体重 92.3キロ
本日の血圧 117-67

スポンサーサイト

PageTop

効率化と陳腐化

 今日の仕掛けは26銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは10銘柄、GUでプラス259000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が9銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ブロッケンマン2、ロメロスペシャル1、スピニング・トゥ・ホールド1、でんじろう1。全て持越しで含み益が14000円程。持越し分は良い感じで利確出来て満足。アマゾンがストップ高貼り付き銘柄を1つ捕獲中。貼り付きの買い株数が結構あるので明日に期待。そのストップ高銘柄の含み益を台無しにする糞銘柄も1つ掴んでいるがw
 「世界初、自動運転タクシーの営業走行を実施」というニュース、遂に始まったのかという感じ。これが上手く行くとタクシードライバーの人達は仕事無くなっちゃうけど良いのかな?まぁ日本は高齢化でこれから労働人口が減るから人手不足の業種に働き口を求める事になるのか。きちんとしたセーフティーネットを構築しないと悲惨なことになりそう。
 それにしても運転が自動化されると「車を所有して運転する」という概念自体が根本的に変わってしまいそうだ。産業革命の時には馬車を操縦する御者や馬の世話をする馬丁が鉄道に仕事を奪われた、今度は車のドライバーの番か。最近話題の自動翻訳機なんかもそうだけどイノベーションによる効率化というのは人間のスキルの陳腐化に他ならない。現代において馬に乗りたい人は乗馬クラブで馬に乗る。多分、何十年後かには自動車の運転や語学習得も仕事ではなく趣味になって行くんだろうな。

本日の収支 +272830 持越し9銘柄
本日の体重 92.1キロ
本日の血圧 139-93

PageTop

高級牛丼

 今日の仕掛けは32銘柄、約定したのは10銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄、GDでマイナス76000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が10銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ブロッケンマン4、ロメロスペシャル1、スピニング・トゥ・ホールド1、でんじろう1。全て持越しで含み益が197000円程。朝イチの手仕舞いはGDで残念だったが、今日の仕掛け分は良い感じの含み益。相場全体も戻り基調になって来たのかな?
 昨日優待獲りで制度信用クロスをした8267イオンの逆日歩は100株あたり255円であった。3日分、1000株なので7650円ということになる。想定を150円上回ったが、この程度なら良しとする。今月の優待獲りでは9861吉野家で100株あたり7350円の高額逆日歩が発生したらしい。最早、外食銘柄の制度信用クロスは地雷原を目隠しで走ってる様な状態w吉野家の優待は100株保有で3000円分の食事券なので大損である。いや、あえて2倍以上のお金を払って高級牛丼を食べる貴族の遊びと言うべきかw

本日の収支 -126504円 持越し10銘柄
本日の体重 91.3キロ
本日の血圧 122-73

PageTop

3日分

 今日の仕掛けは25銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは17銘柄、華麗にGUでプラス236000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が6銘柄ヒット、内訳はアマゾン2、ブロッケンマン1、ロメロスペシャル2、スピニング・トゥ・ホールド1。全て持越しで含み損が34000円程。NY市場の上昇のお陰で持越し分は上手く利確出来た。今日の仕掛け分は午前中含み益が10万円を超えていた時間帯もあったんだけど後場はマイテン(´・ω・`)
 今日は8月の権利付き最終日。今月は逆日歩3日分なので散々迷った末に後場寄りで8267イオンの制度信用クロスを1000株で実行して優待獲り。優待獲りのブログを参考にイオンの過去の逆日歩を調べてみたところ、直近では100株あたり250円というのが最高の様だ。 250×10×3=7500 なので逆日歩7500円を想定。我が家の食料品の買い物はほぼ100%イオンなので、半年間でキャッシュバックが約25000円前後。損益分岐点までにはまだ余裕がありそうだけど果たして250円で収まるかどうか。こればかりは蓋を開けてみないと解らんな。

本日の収支 +236763円 持越し6銘柄
本日の体重 91.7キロ
本日の血圧 120-71

PageTop

リスクオン

 今日の仕掛けは28銘柄、約定したのは17銘柄。先週末ノーポジの為、持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは順張りスイング勢が17銘柄ヒット、内訳はアマゾン7、ブロッケンマン5、ロメロスペシャル1、スピニング・トゥ・ホールド1、でんじろう3。全て持越しで含み益が166000円程。久しぶりにリスクオン判定となって順張り戦略が戦線復帰、相場全体の良い流れに乗ってまずまずの含み益。持越し銘柄数も結構あるので今晩のNY市場は無難に頼むわw

本日の収支 0円 持越し17銘柄
本日の体重 91.5キロ
本日の血圧 132-88

PageTop

デイトレのリアル!

 今日の仕掛けは1銘柄、約定は無し。昨日ノーポジの為、持越しの手仕舞いも無し。二日連続で何も無しw念の為、大引け後に調べてみたら来週からは晴れてリスクオンになるみたいだ。マザーズ指数三日連続陽線の翌営業日にリスクオン・・・嫌な予感しかしないw
 昨日深夜から今朝にかけて台風20号がほぼ直撃、朝4時ごろから停電する。まだ涼しい朝方だったから良かったがこれが日中だったらと思うとゾッとする。幸い停電は2時間程で復旧されたので大事には到らず。しかし、懐中電灯の電池が切れていて使い物にならなかったw
 熊野英生、他「デイトレのリアル!」読了。Amazonで中古本を1円で購入、配送料が200円掛かっているので結果的に全然安くないw本書は2006年6月に出版され、今は絶版になっている。当時はライブドアショックやジェイコム株事件の直後で「デイトレーダー」の存在が一般にクローズアップされていた時期。本書はChapter01~Chapter07で構成されていてChapter02~Chapter06がデイトレーダーに挑戦した人たちの経験談になっている。残念ながら本書に登場するデイトレーダーに天才は一人もおらず、言うなれば「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの凡人」。どちらかと言うと失敗談とかトレーダーあるある的な内容である。当時としてはブームになっていたデイトレに「そんなに甘いものじゃないぞ」と警鐘を鳴らす立ち位置で書かれたみたいだ。
 中には株を始めて3週間でサラリーマンを辞める決意をして実際に退職しちゃった人の話もある、無茶するなぁwその人はデイトレーダー転身後の資産推移が340万→480万→240万となっていて、この本の原稿を書いてる時点で「私の資産はこの暗いトンネルを抜け出せていないというのが現状だ」と文面からも後悔の念が伝わってくる。その後、彼がどうなったのか知る由も無いが上手く行ったんだろうか?外にもデイトレを諦めた人のエピソードが複数紹介されている。追証の恐怖と戦ったり、30万円のデイトレセミナーに参加したり、何やってんだかw
 とかく世間というものは成功者に注目しがちである。こういう脱落したり淘汰された人々は無数に居るはずなのに、彼らに焦点を当てる書籍は殆ど無い。そういう意味では貴重な本ではないかと思う、生存バイアスってのはやっぱり怖いしねw

本日の収支 0円 持越し無し
本日の体重 91.9キロ
本日の血圧 118-65

PageTop

謎時間

 今日の仕掛けは6銘柄、約定は無し。昨日ノーポジの為、持越しの手仕舞いも無し。つまり何も無し、ノートレ・ノーポジ。仕掛けシグナルは全て逆張りスイング戦略のもの。引け後に確認したが明日もまだリスクオンにならず極少数の仕掛けシグナルが出てるだけ。リバウンド局面でいつも来る相場を眺めているだけの謎時間。なんかシストレって間抜けだよなぁwノートレだけど昨日の利確分の税金が引かれて口座残高は微減。

本日の収支 -2910円 持越し無し
本日の体重 91.7キロ
本日の血圧 128-80

PageTop

地雷を踏んだらサヨウナラ

 今日の仕掛けは26銘柄、約定は無し。持越しの手仕舞いは2銘柄、利確指値到達でプラス14000円。新規分は今日も逆張りスイング戦略のシグナルだったけど全て空振り、遂にノーポジになった。
 一ノ瀬泰造「地雷を踏んだらサヨウナラ」読了。先日、三宮のジュンク堂で購入した本。1973年11月に内戦続くカンボジアでアンコールワットに単独潜行したまま消息を絶った戦場カメラマン一ノ瀬泰造の書簡集。この本は1999年に浅野忠信主演で映画化されていて、そちらの方はかなり昔に視聴済み。数年前に友人とカンボジアを旅行した際には一ノ瀬さんが内戦時代に通ったというシェムリアップのレストランで食事したことがあり、店内には一ノ瀬さんが撮った写真が展示されていた。店の名前は忘れてしまったがココナッツミルクで味付けしたナマズだか雷魚だかの料理が美味しかったのを覚えているw
 本書には一ノ瀬さんの家族や友人との手紙と一ノ瀬さん自身の日記が主に掲載されている。期間はバングラデシュのダッカからカンボジアに移動してきた1972年2月から始まって1973年11月21日の手紙まで。当初は駆け出しのフリーカメラマンだった一ノ瀬さんが多くの戦場を経験して自信を深めていく様子がよく解る。例えば、1972年4月には辻村先生宛の手紙で「こんな素晴らしい国で、好きな仕事ができて、まったくシアワセです。僕だけは。金にはならないけど」と書いていたのが、7月には同じ辻村先生への手紙で「今回は武者修行のつもりで来たのですが、最近なんとか一匹狼でも食っていける自信がついたし僕一生の仕事としての価値も見出してきた」と書いている。この間僅か3か月だがフリーの戦場カメラマンという仕事にやりがいと手応えを感じたのだろう。
 結婚式にも招かれた親友ロックルーやシェムリアップの村人・子供たちとの交流は心温まるもので一ノ瀬さんの人柄が伝わってくる。シェムリアップには一ノ瀬さんのお墓もあるらしい。これは、どうしてもアンコールワットに行きたかった若き戦場カメラマンの情熱と青春と命の記録である。

本日の収支 +11776円 持越し無し
本日の体重 92.3キロ
本日の血圧 141-97

PageTop

洞窟オジさん

 今日の仕掛けは31銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは1銘柄、利確指値到達でプラス10000円。新規仕掛けは逆張りスイングの水陸両用モビルスーツゴッグが1銘柄ヒット。継続保有分と合わせて全部で2銘柄持越しで含みは今日もトントン。相変わらず小動きで張り合いの無い相場が続いている、少し刺激が欲しいのう。
 加村一馬「洞窟オジさん」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の加村さんは群馬県大間々町生まれで13歳の時に家出して以降43年間に渡って人里離れた洞窟やほら穴や河原でサバイバル生活を送ってきた人。2003年に自販機から小銭を盗もうとして窃盗未遂で逮捕。その特異な半生が話題となりNHKでドラマ化されたりバラエティー番組にもたまに出演している様だ。洞窟でヘビやカタツムリを食べたり猪を落とし穴で仕留めたり凄まじいサバイバル生活w
 著者が家出をしたのが1959年、それ以降ほとんど文明的な生活から離れているために2003年の逮捕時にはちょっとした浦島太郎状態なのが面白い。日本の高度成長もバブル景気も知らないで生きてきた訳だ。連行された警察署で生まれて初めてエレベーターに乗って驚いたりしてwしかし、ちょっと信じがたい部分もあって、童貞喪失のエピソードやソープランドのエピソードなんかは話を盛ってる気がするなぁ。巻末には「洞窟オジさんのサバイバル術」のコーナーもあって中々参考になる、ヘビの調理法とかコウモリの捕獲法とか恐らく活用する機会は無いんだけどねw

本日の収支 +13130円 持越し2銘柄
本日の体重 91.9キロ
本日の血圧 124-73

PageTop

辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦

 今日の仕掛けは14銘柄、約定したのは2銘柄。持越しの手仕舞いは1銘柄、時間切れ損切りでマイナス13000円。新規仕掛けは逆張りスイング勢が2銘柄ヒット、内訳はジェットストリームアタック1、ミドレンジャー1。全て持越しで含みはほぼトントン。大損するわけではないが儲かりもしない。もう飽きたよ、上でも下でもどっちでも良いから解り易いやつを頼むわw
 高野秀行 清水克行「辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦」読了。これも図書館で借りてきた本。辺境ノンフィクション作家高野秀行と歴史学者清水克行の読書対談。両者の対談本としては「世界の辺境とハードボイルド室町時代」に続いて第二弾という事になる。お互いに共通の本を読んできて、それを素材に対談する企画。対談は3か月に1回、2年間に渡って行われ季刊誌「kotoba」に連載された。その連載を一冊の本に纏めたのが本書である。全8章で各章ごとに1冊の本が選ばれているが、個人的に「ギケイキ」、「ピダハン」、「列島創世記」の3冊が面白そうだと思った。高野の辺境体験談と清水の博識の組み合わせは横軸と縦軸の交錯する感じがしてとても面白い。

本日の収支 -16983円 持越し2銘柄
本日の体重 92.1キロ
本日の血圧 116-66

PageTop

五色の虹

 今日の仕掛けは20銘柄、約定は無し。持越しの手仕舞いは1銘柄、寄り付きで上手く利確出来てプラス17000円。新規仕掛けのシグナルは逆張りスイング戦略のみで全て空振り。継続保有分の1銘柄持越しで含み損が16000円程。中途半端な相場でやる事無し、保有ポジの最少ですこぶる退屈w
 三浦英之「五色の虹」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の三浦さんは朝日新聞の記者で、本書は著者が都内版担当記者をしていた頃の取材に基づいて書かれている。サブタイトルは「満州建国大学卒業生たちの戦後」となっている。Wikipediaによると「建国大学(けんこくだいがく)は、かつて存在した「満州国」の首都・新京(長春)にたあった国務院直轄の国立大学。略称は建大。1938年5月に開学、1945年8月満州国崩壊に伴い閉学した。この間に学生を9期生までを受け入れ、約1,400名が在籍した。 」となっている。「民族協和」をその建学の精神とし、日本人・朝鮮人・中国人・モンゴル人・白系ロシア人の優秀な学生を集め将来の満州国建設の指導者たるべき人材を養成するというのが建国大学の教育方針だったそうだ。学費は官費により無料、全寮制で学生たちは「塾」と呼ばれる寮で寝食を共にする。また、驚くことに建国大学学内では「言論の自由」が保証され、日本政府を公然と批判する自由を認めていたし、当時禁書だったマルクスやレーニンの書籍も図書館で自由に閲読出来たという。将来の満州国の運営を担う人材を育てるのだから戦前のスーパーエリートが集まった大学ということになるが、それ故日本の敗戦後の建大卒業生たちには「侵略者」「東洋鬼子」「逃亡者」「裏切者」「アカ」「共産主義者」など実に様々な呼び名が与えられてきた。著者が行った中国人卒業生への取材インタビューでも中国当局に監視され、妨害されている。2010年のインタビュー時点で戦後65年、90歳の爺さん相手にまだやってるのかと驚く。
 本書は著者が2010~2011年に行った建国大学卒業生への取材インタビューを中心に構成されている。登場するどの卒業生も一筋縄では行かない激しい人生を送っており、改めて戦争というのは極めて理不尽かつ不確実性の高い状況を生むのだと痛感させられました。卒業生インタビューの中では最後に登場した白系ロシア人のスミルノフの話が印象に残りました。また、日本人とロシア人のハーフである「ジョージ」こと戸泉如二が送った流転の人生の話、当時「神童」と呼ばれた10代後半の藤森青年が満州建国の夢へ真っ直ぐな心情を書き連ねた藤森日記が心に残りました。本書の中で京大の山室教授が指摘している様に日本の近代史を考える際には日本列島史として捉えると理解しそこなうと思う。台湾、朝鮮、満州、それらが一体となって構成された姿を考えないといけない。結果として満州国は失敗しました。その結果を批判して切り捨てるのは簡単だけど、当然そこには人間の営みが存在した訳で、その人々の存在や意図を歴史として記録しておくことの意味は大きい。本書のインタビューに登場する建国大学卒業生の多くは既に鬼籍に入っており、そういう意味では本当にギリギリ間に合った貴重なドキュメンタリーだと思う。

本日の収支 +23376円 持越し1銘柄
本日の体重 92.6キロ
本日の血圧 122-71

PageTop

消滅世界

 今日の仕掛けは21銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは2銘柄、時間切れ損切りでマイナス29000円。新規仕掛けは逆張りスイングのジェットストリームアタックが1銘柄ヒット。継続保有分と合わせて全部で2銘柄持越しで含み損が7000円程。仕掛けシグナルも保有ポジションも少なくて退屈。こんな中途半端なところでリバウンドされても困るので場中「リバしたらしばく!」とつぶやきながらトレードする風変わりなスタイルw
 村田沙耶香「消滅世界」読了。これも図書館で借りてきた本。この本も先日読んだ佐藤優・片山杜秀「平成史」で紹介されていたので読んでみた。本当は芥川賞受賞作である「コンビニ人間」を借りたかったのだが貸し出し中だったのでこっちを借りてきた。前半は全ての子供が人工授精で生まれて夫婦間のセックスが「近親相姦」としてタブー視されるセックスの無い世界、後半は大人が全員「おかあさん」で子どもは全員「子供ちゃん」として共有されるセックスも家族も無い世界。序盤は無理矢理な状況設定に正直言って面喰いながら読んでいたけど読み進めるうちに段々慣れて後半は一気に読み終えました。「世界で一番恐ろしい発狂は正常」という言葉が終盤に複数回出て来る。正常であるべきという世間の同調圧力をグロテスクに描いていて面白かった。


本日の収支 -32156円 持越し2銘柄
本日の体重 92.4キロ
本日の血圧 141-94

PageTop

ほぼ命がけサメ図鑑

 今日の仕掛けは8銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄、利確2つと時間切れ損切り1つでプラス12000円。新規仕掛けは逆張りスイングの水陸両用モビルスーツゴッグが1銘柄ヒット。継続保有分と合わせて全部で3銘柄持越しで含み損が26000円程。昨日のリバのせいで逆張り戦略のシグナルが大幅減少、ポジションも大したことないし一番ストレス溜まる展開が来てるな。
 沼口麻子「ほぼ命がけサメ図鑑」読了。これも図書館で借りてきた本。「ほぼ命がけ」という題名だけで興味を持って借りてきたw著者の沼口さんは東海大学海洋学部の大学院修了後「シャークジャーナリスト」としてサメの魅力を発信している人。ちなみに「シャークジャーナリスト」という職業は沼口さんが作った職業なので世界で一人しか居ないらしい、みうらじゅんみたいな感じかw
 題名は図鑑となっているがどちらかと言うと著者のサメ研究体験談に近く、特にサメに関心がある訳ではない私でも楽しめた。青山潤「アフリカにょろり旅」、前野ウルド浩太郎「バッタを倒しにアフリカへ」、等と同じく研究者の研究対象に対する興味や愛情を感じられる本はやっぱり面白い。サメの生態だけじゃなく可愛らしい「未来のサメ博士」が紹介されていたり、親切な漁師さん達との交流や日本各地のサメ料理も紹介されていて楽しかったです。読み終えて、ちょっとサメ料理を食べてみたくなりましたw

本日の収支 +12391円 持越し3銘柄
本日の体重 91.6キロ
本日の血圧 117-64

PageTop

ファイナンス理論全史

 今日の仕掛けは55銘柄、約定したのは2銘柄。利確指値に到達する銘柄が無く持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは逆張りスイング勢が2銘柄ヒット、内訳はジェットストリームアタック1、水陸両用モビルスーツゴッグ1。継続保有分と合わせて全部で5銘柄持越しで含み損が42000円程。東証一部も新興市場も相場全体がリバウンドする中で私の保有銘柄は万遍なく含み損(´・ω・`)手仕舞いは無かったけど昨日の損切り分の税金が戻って口座残高はプラス。
 昨日のブログで書いたストップ高比例配分狙いを早速試してみた。銘柄は昨日の引け後に決算発表で大幅上方修正した6095メドピア。適時開示で決算内容を確認して16:00ジャストに100株成り行き買い注文。今朝は一応買い気配で始まったものの、売りも結構出てきて貼り付きまで行きそうになかったので注文取消し。時間と労力を無駄にするw良い感じの決算だと思ったんだけど、そんなに簡単には行かんわなぁ。
 田渕直也「ファイナンス理論全史」読了。これも図書館で借りてきた本。著者は日本長期信用銀行でデリバティブのトレーディングやポートフォリオマネジメント等に従事、その後三菱UFJ国際投信でファンドマネージャーをやり、不動産ファンドの運用会社の社長をやった後、生命保険会社の執行役員を経て現在は金融アナリスト、コンサルタントとして活動してる人。経歴が多過ぎて何だかよく解らないが資産運用関係の仕事を凄く沢山やってきた人らしく金融関係の著作も多い。私はトレード本をAmazonで物色することが多いのだが、その際によく田渕さんの名前を見かけていて前から気になっていた人である。
 第1~5章までは題名の通りルイ・バシュリエの「投機の理論」から始まって行動ファイナンスに至るまでのファイナンス理論の歴史・変遷が解説されている。ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール「ウォール街の物理学者」などと近い内容かと思ったが、やはり日本人の著者が日本人向けに書いているだけあって本書の方が説明が丁寧で解りやすい。ブノワ・マンデルブロ、ダニエル・カーネマン、ナシーム・タレブ、等への言及が多くあり、この三者の書籍を読み込んできた私には非常に共感出来る内容だった。多分私は順番が逆で、この本を入り口にマンデルブロやカーネマンやナシーム・タレブを読むのが正解だと思うがw
 第6章「統計的手法と人工知能が別次元に導く未来」ではジェームス・シモンズ率いるルネサンス・テクノロジーズの旗艦ファンド「メダリオン」の手法を推測・解説しており、私もシステムトレーダーの端くれとして興味深く読む事が出来た。
 以下本書の締めの言葉を転載。「理論を絶対視することはナンセンスである。一方で理論を無視することも得策ではない。 ~中略~ 理論と現実のずれこそ宝の山なのだ。宝の山がどこにあるか知るためにも理論について知る必要があるだろう」。ほんまその通り。8月に入って新興国通貨で波乱があったりして相場は怪しい雲行きになりつつありますが、「理論と現実のずれ」=「ファットテール」=「宝の山」が近いのかも知れませんw読み終えてこれは良書だと思いました、オススメです。

本日の収支 +21606円 持越し5銘柄
本日の体重 92.3キロ
本日の血圧 125-77

PageTop

処分完了

 今日の仕掛けは29銘柄、約定したのは2銘柄。持越しの手仕舞いは1銘柄、GDでマイナス106000円。新規仕掛けは逆張りスイング勢が2銘柄ヒット、内訳はジェットストリームアタック1、ミドレンジャー1。継続保有分と合わせて全部で3銘柄持越しで含み損が31000円程。例の地雷銘柄の最終処分が完了。流石に3連続ストップ安とはならず程々のところで寄り付いてくれた。結局この1銘柄で25万円弱の損失を喰らった(´・ω・`)これでもストップ安の比例配分を2日連続で確保したのでマシになった方でイザナミ上では32万円程の損失になっている。
 今回の比例配分の感想として「実はストップ高・安の比例配分は割と簡単に確保出来るんじゃないか?」という事w例えば手法として

①決算発表シーズンに15:00~16:00の適時開示を監視しておいて大きめの上方修正を発表した銘柄には取り合えず16:00ちょうどに一単元だけ成り行き買いを入れておく

②翌日は朝から当該銘柄の気配を監視。寄らずにストップ高になるなら比例配分を受ける

③途中で買いの勢いが無くなって寄りそうなら注文取消し。

 ライブスター証券の時間優先の原則を利用すればこんな感じで貼り付き銘柄の比例配分狙いが出来そう。今回の地雷銘柄の比例配分の感じだと16:00ジャストに注文を出せればかなり高確率で比例配分はゲット出来る様に思う。SBIなんかも時間優先らしいから同じことが出来るんじゃないか?但し、手間が掛かる上に1単元だけなのでかなりみみっちい戦いになるけどw

本日の収支 -92432円 持越し3銘柄
本日の体重 91.9キロ
本日の血圧 118-64

PageTop

絶望の国の幸福な若者たち

 今日の仕掛けは9銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは4銘柄、ほぼ横ばいでプラス22000円。新規仕掛けは逆張りスイングの化石化ガス雲が1銘柄ヒット。一昨日掴んだ地雷銘柄とあわせて全部で2銘柄持越しで含み損が181000円程。相場判定が効いて順張り戦略はお休み。てか、あと2日早く下げ相場判定になってたら地雷銘柄を掴まなくて済んだのになぁ(´・ω・`)化石化ガス雲は初約定、今日の引け段階では微かに含み益だが来週どうなるか。
 古市憲寿「絶望の国の幸福な若者たち」読了。これも図書館で借りてきた本。先日読んだ佐藤優・片山杜秀「平成史」で紹介されていたので読んでみた。著者の古市さんは「ワイドナショー」のコメンテーターでもお馴染みの社会学者。奧付を確認すると2011年9月5日初版となっているので1985年生まれの古市さんは当時26歳、つまりこの本は20代の若者が同世代の若者を研究・考察した本ということになる。数多くの文献から引用されていて参考になるし、「コンサマトリー化」をキーワードにした解説も解りやすかった。「コンサマトリー化」した若者が何かの目的的達成の為に邁進するのではなく、仲間たちとのんびり過ごすライフスタイルを指向するというのは経済成長が難しくなったこの国では賢い戦略だろう。ところで、今の「コンサマトリー化」した若者がオジサン・オバサンになった時にどうなっているのだろう?古市さんには是非とも40代や50代になってもご自身の同世代の幸福感を研究して欲しいと思う。

本日の収支 +32892円 持越し2銘柄
本日の体重 92.7キロ
本日の血圧 124-77

以下追記
 現在時刻は15:40過ぎ、連日の追記である。2日連続でストップ安貼り付きの地雷銘柄の比例配分が2日連続で当たったw昨日もブログに書いたがライブスター証券のルールではストップ銘柄の比例配分は時間優先の原則になっているので昨日17:00過ぎに手仕舞い売り注文を出した私は順番が上位だったのだろう。地雷銘柄は今日も大きめの成り行き売りを残して引けているので月曜日も寄るかどうか微妙(´・ω・`)仮に月曜日にストップ安で寄り付くと仮定した場合、昨日の分と合わせて比例配分のお陰で約10万円程の損失回避が出来た事になる。実際には糞みたいな損をしてるのに意味不明なお得感wこうなったら今日は注文受付開始時間の16:00ジャストで残り100株の手仕舞い売り注文を出してやる。

修正後の本日の収支 -58653円 持越し2銘柄 含み損89546円

PageTop

地雷銘柄

 今日の仕掛けは29銘柄、約定したのは5銘柄。持越しの手仕舞いは5銘柄、GDでマイナス4000円。本来は6銘柄手仕舞いなのだが昨日アマゾンが掴んできた某銘柄が売り気配で始まってそのままストップ安貼り付きとなり1銘柄強制持越し。新規仕掛けは逆張りデイトレの快傑ライオン丸が1銘柄ヒットしてプラス1000円。順張りスイング勢が4銘柄ヒット、内訳はブロッケンマン1、スピニング・トゥ・ホールド3。上記の強制持越し分と合わせて全部で5銘柄持越しで含み損が125000円程。あーあ、地雷銘柄掴んじまったかぁ。この糞銘柄は昨日の引け後に下方修正を発表したらしいのだが第二四半期の予想で売上高26億円に対して純利益がマイナス24億円ってwいくらマザーズ銘柄だからって丼勘定が過ぎるだろ、どんな計算すればこんな事になるんだよwこれひょっとすると明日も寄り付かないんじゃないの?もう勘弁してよ(´・ω・`)

本日の収支 +652円 持越し5銘柄
本日の体重 92.5キロ
本日の血圧 128-82


以下追記

 現在時刻は17:30分過ぎ。イザナミの株価データ更新に合わせて手仕舞い注文を出そうと一括発注ツールで手仕舞い発注したところ、例の地雷銘柄でエラーが出る。何かおかしいな?と思って調べてみると比例配分が当たって保有の300株中100株が売れていた様だ。何これラッキーwライブスター証券のFAQによるとストップ貼り付きの比例配分は時間優先の原則に従って処理されるそうだ。私はいつもイザナミの株価データ更新のタイミングで17:00過ぎに手仕舞い注文を出すので結構早い方だったのだろう。地雷銘柄掴んで嫌な気分だったが少しだけ気が楽になった。こういう事もあるし今後はライブスター証券の注文受付開始の16:00には手仕舞い注文を出す様にしよう。まぁ地雷銘柄を掴まないのが一番良いのだがw一部出来での手仕舞いにより本日の収支を修正しておきます。

修正後の本日の収支 -50676円 持越し5銘柄 含み損74533円

PageTop

お盆相場

 今日の仕掛けは34銘柄、約定したのは5銘柄。持越しの手仕舞いは7銘柄、微かにGUでマイナス20000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が5銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ブロッケンマン1、スピニング・トゥ・ホールド1。継続保有分と合わせて全部で6銘柄持越しで含み益が3000円程。新興市場の指数は寄り底から高値近辺で終える日足陽線の形、その割には私の戦略が仕掛けた銘柄の動きは鈍い。何だか置いて行かれている感じwまぁ、お盆も近いしこんなもんかなぁ。

本日の収支 -90831円 持越し6銘柄
本日の体重 92.1キロ
本日の血圧 118-67

PageTop

クリックしたら、こうなった

 今日の仕掛けは68銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは4銘柄、華麗にGUでプラス353000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が6銘柄ヒット、内訳はアマゾン2、ブロッケンマン2、スピニング・トゥ・ホールド2。継続保有分と合わせて全部で7銘柄持越しで含み損が23000円程。昨日スピニング・トゥ・ホールドが掴んできたストップ高貼り付き銘柄が順調に伸びてくれて上手く利確出来た。その銘柄は私の手仕舞い後に爆落してるw少しは運が廻って来たのかな?
 多田文明「クリックしたら、こうなった」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の多田さんは詐欺や悪徳商法に詳しいルポライター。出会い系サイト、情報商材ビジネス、マルチ商法、オークション詐欺、等々ネット上に溢れている怪しいサイトの体験ルポ。一応、騙されたという事になっているが恐らく著者は事前に相手の正体は見抜いているのだろう、つまり自ら進んで騙されに行くスタイルw詐欺師や悪徳業者の手口が解りやすく紹介・解説されている。出会い系サイトの文明銀行とか黄金国宝会員の話が面白かった。約10年前の本なので今では新たな手口が開発されてるのかも知れんなw

本日の収支 +378882円 持越し7銘柄
本日の体重 92.6キロ
本日の血圧 133-87

PageTop

謎展開

 今日の仕掛けは57銘柄、約定したのは4銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄、少しだけGUでマイナス124000円。新規仕掛けは逆張りスイング勢が2銘柄ヒット、内訳はククルスドアン1、ミドレンジャー1。順張りスイング勢が2銘柄ヒット、内訳はアマゾン1、スピニング・トゥ・ホールド1。逆張り・順張り合わせて全部で4銘柄持越しで含み益が243000円程。今日はスピニング・トゥ・ホールドがストップ高貼り付き銘柄を1つ捕獲中。材料は知らんが貼り付き株数が多くて強力そうなので明日の利確に期待。先週末は僅か3銘柄で含み損が13万円だったが今日は僅か4銘柄で含み益が24万円。東証一部も新興市場も指数がイマイチ低調な動きをしている中で順張り戦略が好調という謎展開w

本日の収支 -141956円 持越し4銘柄
本日の体重 92.6キロ
本日の血圧 121-69

PageTop

AV女優の社会学

 今日の仕掛けは38銘柄、約定したのは2銘柄。持越しの手仕舞いは4銘柄、少しだけGUでプラス88000円。新規仕掛けは順張りスイング勢が2銘柄ヒット、内訳はブロッケンマン1、スピニング・トゥ・ホールド1。継続保有分と合わせて全部で3銘柄持越しで含み損が131000円程。ブロッケンマンが寄り直後に掴んだ某銘柄がマイナス10%超の凶悪な値動きで含み損を抱えての週末となった(´・ω・`)たった3銘柄の持越しでこの含み損は酷くないか?
 鈴木涼美「AV女優の社会学」読了。これも図書館で借りてきた本。先日読んだ佐藤優・片山杜秀「平成史」の中で本書が紹介されていたので読んでみた次第。著者は元日経新聞記者で元AV女優。著者は慶応大学から東京大学大学院に進んでおり、本書は著者の修士論文が元になっている。少しややこしいのですが、本書の初版は2013年7月1日であり、その時点で著者は自身の元AV女優という経歴は明らかにしていません。本書の初版から1年が経過した2014年10月、週刊文春に「日経新聞記者はAV女優だった!」という記事が出て著者の経歴が発覚する。つまり本書執筆時点において著者は元AV女優としてではなく、あくまで研究者・取材者という体裁で本書を書いているという事だ。以上の経緯を踏まえると本書は学術論文でありルポルタージュでありながら自伝・私小説的な性格も持つという事になります。
 第2章「性の商品化とセックスワークとAV女優と」では性の商品化と自由意志に関するこれまでの議論を取り上げて解説している。この手の議論に縁が無かった私にはかなり難しい内容で正直あまり理解は進まなかった。ただ、著者が本書によって学者たちの議論に対して現場からの新しい視点を与えようとしていることは解った。
 3章以降では実際のAV女優の業務に組み込まれている各種面接(プロダクション面接・メーカー面接・監督面接等)がAV女優の自由意志形成に果たす役割を解説している。ここではAV女優という肉体的な苦痛・負担のある職業、しかも名誉回復が不可能なほど劣位な状況に置かれる職業を継続する意思を彼女たちが自ら持つ経緯が丁寧に考察されていて、難解だった2章までとは一転して解りやすかった。どんな職業でも長年継続する為には動機ややりがいが必要だし、お金は入り口での動機にはなるけど人間は金の為だけで動く訳でもない。本書はAV女優という職業に焦点を当てているが、どんな職業であれ職業人になる過程である種の自己洗脳に近い自由意志の形成過程は存在するのだと思う。どんな業界でも「この仕事が大好き!」なんて言ってる人が居るが、そういう人達も案外本書で扱われているAV女優達と同じ様な過程を経て「この仕事が大好き!」状態になっているんじゃないかな。私は証券営業という割とキツめの業界に居たので自分を無理矢理奮い立たせながら仕事をしている同僚も結構見かけたんだよなぁw
 正直に言うと下衆な興味本位で本書を読み始めましたが普通に生活していると知る事のないAV業界の現場の様子やAV女優の業務内容を知る事が出来て面白かった。また、職業の選択・継続と本人の自由意志の関係を考える良い機会にもなりました。


本日の収支 +110771円 持越し3銘柄
本日の体重 92.5キロ
本日の血圧 138-90

PageTop

糞銘柄を掴む

 今日の仕掛けは39銘柄、約定したのは8銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄、GDでマイナス107000円。新規仕掛けは逆張りデイトレの快傑ライオン丸が4銘柄ヒット、2勝2敗でマイナス3000円。順張りスイング勢が4銘柄ヒット、内訳はアマゾン2、ブロッケンマン2。継続保有分と合わせて全部で5銘柄持越しで含み益が64000円程。昨日ミドレンジャーが掴んできた銘柄が昨日の引け後に役員の不正行為を発表したらしく朝から爆落(´・ω・`)なんなんだこの糞銘柄はwミドレンジャーは深め指値の逆張りルールだけど個別の悪材料で下げる時は全然機能しないんだよなぁ。

本日の収支 -109698円 持越し5銘柄
本日の体重 92.3キロ
本日の血圧 123-74

PageTop

投資の魔術師 13人の超技法

 今日の仕掛けは49銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは2銘柄、GDでマイナス8000円。新規仕掛けは逆張りスイングのミドレンジャー1銘柄ヒット。順張りスイング勢が6銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ブロッケンマン2、でんじろう1。逆張り・順張り合わせて全部で7銘柄持越しで含み損が86000円程。昨日のストップ高貼り付き銘柄は残念ながらGD(´・ω・`)期待した分余計に気分が悪いわw
 秋津学「投資の魔術師 13人の超技法」読了。これもAmazonの Kindle Unlimitedキャンペーンでタダ読み。著者の秋津さんは株チャート研究会「積乱雲」を主宰 していて、株投資 ナビゲーターという謎の仕事をしている人。表題の通りバフェットやソロス他13人の投資家・トレーダーの戦術・戦略を解説している。どうやら上記の株チャート研究会のテキストに加筆・修正して本にしたらしい。100ページぐらいの本であっと言う間に読み終える、申し訳ないけどかなりスカスカな印象w各投資家・トレーダーの紹介の後に「バフェットならこの銘柄を保有しているだろう」とか「ソロスならこの株に目を付けるはず」という感じで個別銘柄の予想をしている。この予想は見事なもので掲載されている1年後の結果はどれも大当たりで2倍以上になってるのが幾つもある。まぁ、予想の時期が2012年10月というアベノミクス相場スタートの1ヶ月前というタイミングなんだけどね。多分このタイミングならサイコロ振って銘柄決めても1年持ってたら儲かったと思うw果たしてこれがテキストになるんだろうか?
 後半にシステムトレーダーであるモンロー・トラウトも紹介されていて、色々思い出して本棚から「新マーケットの魔術師」を引っ張り出してモンロー・トラウトの部分だけを読みました。再読のきっかけになったという意味では良かったのかもね。

本日の収支 +3642円 持越し7銘柄
本日の体重 92.0キロ
本日の血圧 130-82

PageTop