FC2ブログ

株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

生涯投資家

 今日の仕掛けは31銘柄、約定したのは5銘柄。昨日ノーポジの為、持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは順張りスイング勢が5銘柄ヒット、内訳はアマゾン3、ブロッケンマン2。全て持越しで含み損が91000円程。二日ぶりに順張り戦略が戦線復帰したが散々。今日の含みまで入れてDDが遂に90万円を突破(´・ω・`)逆指値で約定した瞬間から逆行するというのは誰かに監視されているのか?もしかしたらギフハブの仕業か?・・・・聞くところによると、誰かに監視されていると思い込むのは精神疾患の初期症状らしい。あぁ、私の心を蝕んだ株が憎い。
 村上世彰「生涯投資家」読了。これも図書館で借りてきた本。ご存知「村上ファンド」の村上世彰さんが自身の投資家としての半生や信念を綴った本。本書前半は東京スタイル、ニッポン放送、阪神電鉄、など村上ファンドが手掛けた案件の経緯が書かれていて、後半は東証や日本企業、そして日本国への提言という内容になっている。前半は当時知る事が出来なかった舞台裏や秘話が沢山記されていて、当時の心境なども率直に書かれているので大変興味深く読む事が出来ました。後半は著者の信念である「コーポレートガバナンス」を軸とした非常に合理的かつ論理的な日本への提言であり読み応えのある内容でした。
 個人的に印象的だったのは著者がニッポン放送株のインサイダー取引容疑で逮捕・起訴された際に裁判官が発したという「『ファンドなのだから安ければ買うし、高ければ売るのは当たり前』と言うが、このような徹底した利益至上主義には慄然とせざるを得ない」という言葉。著者はこれを「全てのファンド運営を全否定するような言及」としている。村上さんは大阪出身、関西人らしい鋭いツッコミで読みながらちょっと笑ってしまった。株トレードをやってる立場からすればこの裁判官の言葉こそ慄然としてしまうw
 このブログの読者は株トレードをやっている人が殆どだろうし、村上ファンドが関わった一連の案件の顛末には興味がある人も多いと思うので読んでみて損は無いと思います。

本日の収支 無し 持越し5銘柄
本日の体重 93.7キロ
本日の血圧 123-74

スポンサーサイト



PageTop