FC2ブログ

株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

13億人のトイレ

 今日の仕掛けは33銘柄、約定したのは8銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でプラス8000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、0勝3敗でマイナス98000円。逆張りスイング勢が3銘柄ヒット、内訳はパックマン2、水陸両用モビルスーツゴッグ1。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが1銘柄ヒット。逆張り・順張り合わせて全部で4銘柄持越しで含み損が10000円程。デイトレのエースが掴んだ糞銘柄が約定後下がり続けて結局ストップ安。順張りで仕掛けた銘柄でストップ安を喰らうのは遺体、いや痛いw奇怪なのはストップ安貼り付きで強制持越しのはずなのに先程15:13頃に比例配分で全株売れたという通知が来た。10万株も売りが残ってるのに?以前にも別の銘柄で同じような事があった。その時は翌朝怒涛の買い気配で始まって凄く嫌な気分を味わった事を覚えている。怨怨怨・・・シンバイオしねっ。
 佐藤大介「13億人のトイレ」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の佐藤さんは共同通信の記者で2016年9月から2020年5月までニューデリー特派員。優れたIT人材を輩出し、2028年までにドイツと日本を追い抜いてGDP世界第三位に躍り出るという予想もされているインドをトイレという切り口から伝えるルポタージュ。経済大国と発展途上国という2つの要素が同時に存在するインドの事情がよく解る内容でした。本書後半のテーマになっているカーストの問題は他の国や地域でも見られる宗教や文化と文明のせめぎ合いであり、インド人自身が考えて克服するべき問題だと思うなぁ。イスラム圏に対しても同じことが言えるけど、西欧文明の考え方を絶対的なものとして押し付けるのはかえって反発を生んでしまうように思う。著者にはそんなつもりは無いのかも知れないが、若干の上から目線を感じました。すこぶる外圧に弱く色んなものを捨ててきた日本人と同じ道をインド人が行くのかな?一筋縄では行かないと思うなぁ。

本日の収支 -95053円 持越し4銘柄
本日の体重 94.8キロ
本日の血圧 136-89

スポンサーサイト



PageTop

ありがとう村上ファンド

 今日の仕掛けは49銘柄、約定したのは5銘柄。持越しの手仕舞いは4銘柄でプラス38000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが2銘柄ヒット、0勝2敗でマイナス15000円。逆張りスイングのルチ将軍が2銘柄ヒット。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが1銘柄ヒット。逆張り・順張り合わせて全部で3銘柄持越しで含み益が11000円程。昨日裁量介入で手仕舞いを延ばした某銘柄は予定通りTOB価格近辺で寄り付いたところで手仕舞い。約33%超の利確になりました。ありがとう村上ファンドwその銘柄以外は結構酷かったな(´・ω・`)

本日の収支 +22176円 持越し3銘柄
本日の体重 95.1キロ
本日の血圧 131-83

PageTop

超絶ラッキー

 今日の仕掛けは24銘柄、約定したのは5銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でほぼトントン。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、1勝1敗でプラス1000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが3銘柄ヒット。継続保有分と合わせて全部で4銘柄持越しで含み益が37000円程。朝の手仕舞い分はGD祭りで散々。しかし今日は珍しく裁量介入で手仕舞い回避。昨日アマゾンが掴んで来た某銘柄にTOB価格大幅引き上げという超絶ラッキーな材料が出たので本来は今日成行で手仕舞いのところを手仕舞いは見送った。その銘柄は大引けまで寄らずストップ高貼り付きで終わっている。大引け後に何事も無ければ明日は更に10%程度上の価格で手仕舞いが出来るだろう。まだ手仕舞い完了してないので気が早いが村上ファンド様様であるw

本日の収支 -614円 持越し4銘柄
本日の体重 95.6キロ
本日の血圧 126-73

PageTop

あのお金、返してください!!

 今日の仕掛けは19銘柄、約定したのは4銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でプラス10000円。新規仕掛けは順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが4銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み益が48000円程。昨日大引け前に思わせぶりな急伸をみせた某銘柄は結局まぁまぁ大き目のGD(´・ω・`)それでも今日は順張りのアマゾンが良い感じで含みまで算入すると12月2日からのDDを2ヵ月弱ぶりに解消。明日もこの感じでお願いします。
 西田明「あのお金、返してください!!」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の西田さんは元証券マン、2019年に大手証券会社を退社して現在は都内の金融コンサルティング会社に勤務。元証券マンによる証券業界の告発本、主に新興国通貨建て仕組債に関する内容になっている。
 まず、本書を読み終えた私の最初の感想は「こりゃ困ったな」でしたw何が困ったのかというと、著者が所属していたという大手証券会社は恐らく私自身が所属していた会社と同一であると推測出来る事です。あくまで著者は本書の中で旧所属先を明かしてはいないのですが書き方でバレバレw著者は1980年生まれとのことですから私の後輩という事になりそう。別に辞めた会社なんだから関係無いとは言え何となく気恥ずかしい。少し迷ったのですが一応感想を書き残しておきます。
 上記した新興国通貨建て仕組債はブラジルレアルやトルコリラ建てのデジタルクーポン型仕組債の事であり、2013~2015年にかけて販売した商品とのことなので私自身は当時退職済みでこれらの商品は販売した事がありません。私が居た頃にも同じデジタルクーポン型の仕組債はあったけど豪ドル建てかNZドル建てだったなぁ。まぁ通貨が少しお上品だったというだけで仕組み自体は同じものですね。早期償還条項が付いていて私は密かにこの商品の事を「カタ屋の債券」と呼んでいました、こち亀に出て来る「カタ屋」みたいな仕組みだからですwカタ屋の例えは解り難いので簡単に言えば「あなたが儲かり始めたら即満期終了です、意地でもあなたには儲けさせません。」というヤクザみたいな約束が付いている債券です。そしてこの仕組債はプットオプションの売りによって得られるプレミアム代金を金利(のようなもの)として利回りを提示しています。当然高ボラティリティの通貨であればあるほどオプションのプレミアム代金は高額になります。本書によるとお客さんに提示する利回りはブラジルレアルで8%程度だった様ですが高ボラの新興国通貨であれば実際にはかなりの中抜きを経て8%という数字になっている事が予想出来ます。私自身の経験からも結構問題のある商品だと思いますね。(個人の感想ですw)
 著者は仕組債の問題と同時にメガバンクと系列証券による銀証連携の問題点も指摘しています。これは銀行が自グループの系列証券会社に顧客を紹介して金融商品の購入を促すというケースであり、本書によれば上記の新興国通貨建て仕組債はこの銀行の紹介客に多く販売された様です。私自身は会社がメガバンク傘下に入る少し前に退社したので、この銀行の紹介について現場の空気が解りません。しかし、自分が営業マンだったら大口の新規客を銀行に紹介してもらえるなんて楽ちんで喜んでたかもなぁwしかも信用抜群のメガバンクさんの推薦付きなんだから簡単に商談が進みそうだし。これは私の想像でしかないんだけど、当時は結構ノリノリで販売しまくったんじゃないの?それが新興国通貨安でひっくり返って大惨事みたいな事なんかなぁ。だってみんな成績上げたいもん、証券マンなら。2013年以降に著者が所属していた証券会社(つまり昔私も居た会社w)が販売した新興国通貨建て仕組債の販売額は4000~6000億円。償還時には50%程度の損が出ているという事なので2000~3000億のお金を溶かしたことになる。念の為に書いておきますが、これ1社だけの数字ですからねw業界全体ではどのくらいになるのか。
 著者は損失を被った顧客に対して集団訴訟での損害賠償を薦める形で本書を結んでいます。著者としては自身の罪滅ぼしと正義感に駆られてという事なのだろうか。正直言って集団訴訟が何処まで有効な手段に成り得るのか私には解らないけれど、この集団訴訟が本当に起こされるなら非常に興味深いものになると思う。これが株売買の損失なら自己責任というのが大きくなるけど仕組債に株同様の自己責任をそのまま適用するのは無理がありそうだしなぁw巻末に掲載されている当該集団訴訟サイトを見ると現在参加人数33人、請求予定金額28400万円となっています。いずれにしても今後この集団訴訟の行方を生暖かく見守りたいですね。

本日の収支 +6610円 持越し4銘柄
本日の体重 95.5キロ
本日の血圧 125-77

PageTop

急伸

 今日の仕掛けは22銘柄、約定したのは4銘柄。持越しの手仕舞いは1銘柄でプラス8000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラス7000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが3銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み益が28000円程。アマゾンが大引け5分前に掴んだ某銘柄が僅かな時間で急伸、持越し分の含み益は殆どその1銘柄のもの。トリッキーな動きで不自然だし何か材料でも出るんだろうか?ちょっと楽しみかもw

本日の収支 +15306円 持越し3銘柄
本日の体重 95.3キロ
本日の血圧 142-98

PageTop

ヒトラー演説

 今日の仕掛けは27銘柄、約定したのは3銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でプラス19000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、0勝2敗でマイナス11000円。逆張りスイング化石化ガス雲が1銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み益が6000円程。今週は微益・微損の繰り返し、そもそもトレードが少なくてつまらん1週間だったなぁ。
 高田博行「ヒトラー演説」読了。これも図書館で借りてきた本。ドイツ語学者である著者によるヒトラー演説の研究・解説。ドイツ労働者党(ナチス党の前身)の宣伝弁士として演説デビューに始まって政権奪取、第二次大戦、地下塹壕での最期、まで時系列に沿いながら解説されている。演説文の配列や修辞など弁論術から見た分析がされていて興味深く読む事が出来ました。意外だったのはナチス党の政権奪取までは相当な威力を発揮したヒトラーの演説プロパガンダが政権掌握後はかなり早い段階でその神通力を失っていたという事。ラジオ演説の強制聴取に対する反発や単純な演説への飽きが原因とのことで、早くも1934年の段階でその兆候が現れていたという。私の勝手なイメージでヒトラーは第二次大戦末期までドイツ国民を扇動し熱狂させていたと思ってたんだけどwエピローグにおいて、著者はこのイメージのズレの原因はナチスのプロパガンダの影響が現代にも残っている事だと言及しているけど、私が思うにイメージがズレた原因はナチスドイツを人類史上最悪の狂った悪党として設定した戦勝国側のプロパガンダの影響の方じゃないかなぁ。終戦から75年も経過してるのにボロ負けした国のプロパガンダが影響を残すとは思えないんだけどw同じ戦敗国の日本で「鬼畜米英」なんてのは微塵も残ってないし。その他、第二次大戦開戦以降の演説する事すら辛くなってしまったヒトラーの姿は印象的で当たり前の事とはいえヒトラーもやはり人間だったんだなという事を改めて認識しました。
 さて、日本で昨年9月に発足して4カ月が経過した菅内閣、最近はコロナ対応を批判される事も多く、特に首相会見は「熱意が伝わって来ない」などと酷評されている。世論調査の政権支持率も絶賛低迷中だ。菅さんもこの本を読んでヒトラーの演説文の構成や発声法、ジェスチャーとかを参考にした方が良いんじゃないの?ヒトラーは発声法やジェスチャーについてわざわざオペラ歌手を呼んで指導を受けてたんだし、菅さんもそれぐらいの努力をしなさいよwとは言え、独裁者になられては困るんだけどね。

本日の収支 +8706円 持越し1銘柄
本日の体重 94.1キロ
本日の血圧 127-80

PageTop

幻のアフリカ納豆を追え!

 今日の仕掛けは37銘柄、約定したのは3銘柄。持越しの手仕舞いは2銘柄でほぼトントン。新規仕掛けは順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが3銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み益が25000円程。マザーズ指数が日足大陽線という相場の割に約定は少なめ、それにしても地味やなぁw
 高野秀行「幻のアフリカ納豆を追え!」読了。これも図書館で借りてきた本。前作「謎のアジア納豆」に続く納豆探求第二弾。今回はアフリカ西部のナイジェリア、セネガル、ブルキナファソに加えて韓国の納豆を調査する。アフリカ西部諸国で食されている納豆は大豆ではなくパルキア豆、ハイビスカスの種、バオバブの種、などで作られ、全て納豆菌を利用した発酵食品である。日本の納豆の様にそのまま食材として食べるケースもあれば調味料として利用するケースあるとのこと。著者は現地に赴いて単に食べるだけではなく現地での納豆作りまで丹念に取材しています。その取材過程が独特のユーモアを含んだ文章で綴られていて楽しく読む事が出来ました。
 納豆という日常的でありふれた食品に関する小さな疑問から始まった探求が最終的には人類の食文化史に納豆が与えた少なからぬ影響を浮上させ、壮大な文化人類学的考察に到るという流れは高野作品の醍醐味だと思います。本作で紹介されている西アフリカのパルキア納豆やバオバブ納豆は流石に難しいと思うが韓国の納豆鍋チョングッチャンなら日本国内の韓国料理店でもメニューにありそうなので機会があれば試してみたいなぁwほぼノンストップで一気読み。面白かったです、オススメですね。

本日の収支 -1099円 持越し3銘柄
本日の体重 94.5キロ
本日の血圧 120-61

PageTop

言葉

 今日の仕掛けは39銘柄、約定したのは3銘柄。持越しの手仕舞いは1銘柄でプラス500円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラス4000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが2銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み益が200円程。手仕舞い、デイトレ、新規分の含み、全て数百円~数千円の戦いになっている。今どき小学生のお年玉でもこんなに少額じゃないぞw
 新型コロナによる2回目の緊急事態宣言が出てから2週間程経過して新規感染者数は横這い傾向になって来た。来月末辺りからは日本国内でも医療従事者を中心にワクチンの接種が始まるらしい。ここ最近のテレビ報道ではワクチン接種を積極的に受けるかどうかという話題が出てきている。ワクチン接種による副反応を警戒する人も結構居る様だ。ふと思ったのだが「新型コロナのワクチン接種を受けるかどうか」と言うのと「新型コロナの予防接種を受けるかどうか」と言うのでは随分と印象が違う。単純に言葉を入れ替えただけなんだけど「予防接種」と言われると受けるのが当然という感じがして不思議だw私自身も副反応被害の当事者になるのは勘弁して欲しいとは思うものの、やはり社会全体の事を考えればワクチン接種は速やかに拡がった方が良いに決まってる。ここはみんなで「ワクチン接種」という言葉を使うのはやめて「予防接種」という言葉を使えば良いんじゃないの?w

本日の収支 -76円 持越し2銘柄
本日の体重 95.0キロ
本日の血圧 126-75

PageTop

「バカ」の研究

 今日の仕掛けは22銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄でプラス25000円。新規仕掛けは順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが1銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み損が1000円程。仕掛けシグナル自体が少なくて閑散。日経平均は景気よく上げてるんだけどなぁ。
 ジャン=フランソワ・マルミオン「「バカ」の研究」読了。これも図書館で借りてきた本。心理学者を中心に行動経済学者や著述家など23人の著名人が「バカ」について考察する。一口にバカと言っても定義自体が曖昧であり、人間のどういう状態を指してバカと呼ぶのか。そんな根本的な疑問から始まるバカに関する科学研究である。これほど「バカ」という単語が頻出する本は天才バカボン以来だと思うw
 「知性の低さ=バカ」という単純な図式では説明しきれない多くの事例が紹介されている。つまり普段は立派な知識人と認められている人でも時にはバカな振る舞いをしてしまう事もあるという事。バカの定義は各人それぞれだが「傲慢」とか「自信過剰」あたりが原因なんじゃないかなぁ。インターネットやSNSの影響なんかもテーマとして取り上げられていて面白かったです。

本日の収支 +29957円 持越し1銘柄
本日の体重 95.2キロ
本日の血圧 122-65

PageTop

一進一退

 今日の仕掛けは58銘柄、約定したのは7銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でマイナス15000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが1銘柄ヒットしてマイナス5000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが6銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み益が18000円程。「一進一退のトレードが続く」、こう書けば何となくかっこ良いけれど要するに全然儲からない(´・ω・`)日経平均とマザーズ指数の逆相関関係っていつまでやんのよw

本日の収支 -24043円 持越し6銘柄
本日の体重 95.7キロ
本日の血圧 136-84

PageTop

ストーカーとの700日戦争

 今日の仕掛けは34銘柄、約定したのは4銘柄。持越しの手仕舞いは2銘柄でプラス17000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス2000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが3銘柄ヒット。継続保有分と合わせて全部で4銘柄持越しで含み損が12000円程。今週は良いところが全然無かったなぁw上でも下でも良いから来週はもう少し解り易い動きになって欲しい。
 内澤旬子「ストーカーとの700日戦争」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の内澤さんは文筆家、イラストレーター。内澤さんの本はこれまでに「世界屠畜紀行」と「飼い喰い」は読了済なので私にとって3冊目の内澤作品という事になる。本作は著者自身が実際に遭ったストーカー被害をルポタージュするという内容で、2018年5月~12月にかけて週刊文春で連載されたもの。
 著者がストーカー被害を受け始めたのが2016年4月、それ以降約2年間のストーカーとの戦いが描かれている。週刊文春での連載開始が2018年5月という事を考えると殆どリアルタイム、言い方はおかしいが出来たてホヤホヤのストーカー被害顛末記である。ストーカーとの戦いと言っても著者が物理的に反撃に出る訳では無くあくまで合法的な手続きを経て加害者と対峙した記録になっている。地元警察署、被害者側弁護士、加害者側弁護士、地方検察庁検事、その他色んな人が登場する。著者の悪戦苦闘の原因は日本におけるストーカー犯罪への法整備の不備という事になるんだろうなぁ。法律が整えば警察や弁護士などの意識も自然と変化すると思うし。それにしてもストーカー被害というのは凄まじい、引越し、車の買い替え、仕事への影響、いつ襲われるか解らないという恐怖を抱えながらの生活は人生の質を著しく低下させる。こんな事態は絶対に避けたいが、たまたま付き合った相手がストーカーの素質があるかどうかなんか解らんもんなぁ。
 第Ⅲ部において著者はストーカー行為は病気である事、及びその治療の可能性について書いています。認知行動療法や条件反射制御法など依存症などの治療にも利用される方法で加害者の状態を改善させられるとのこと。恐らく著者が本書で一番主張したかったことだと思う。別に著者が加害者の病気を心配しているという事ではなく、加害者の病気が治らなければ被害者は延々と怯えながら生きて行くことを強いられるからだ。これは加害者と被害者が1セットで固定されてしまうストーカー被害の特殊性によるもの。これまでストーカー被害についてあまり知る機会が無かったので犯罪被害者支援の在り方など考えさせられる本でした。

本日の収支 +14953円 持越し4銘柄
本日の体重 94.7キロ
本日の血圧 131-83

PageTop

イマイチ

 今日の仕掛けは29銘柄、約定したのは4銘柄。持越しの手仕舞いは2銘柄でプラス15000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが1銘柄ヒットしてマイナス7000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス7000円。逆張りスイングのミドレンジャーが2銘柄ヒット。継続保有分と合わせて全部で3銘柄持越しで含み益が5000円程。今日のトレードもイマイチ(´・ω・`)日経平均は上げてるけど新興市場は元気が無い。ストレス溜まるなぁ。

本日の収支 +5615円 持越し3銘柄
本日の体重 94.8キロ
本日の血圧 121-65

PageTop

食べた!見た!死にかけた!「運び屋女子」一人旅

 今日の仕掛けは67銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは2銘柄でプラス4000円。新規仕掛けは逆張りデイトレのタイガージョーが1銘柄ヒットしてマイナス20000円。順張りデイトレのウルトラマンエースが2銘柄ヒット、0勝2敗でマイナス11000円。逆張りスイングのパックマンが1銘柄ヒット。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが2銘柄ヒット。逆張り・順張り合わせて全部で3銘柄持越しで含み益が12000円程。デイトレが逆張りも順張りも全敗w今日もまた禄でもない一日であった。
 片岡恭子「食べた!見た!死にかけた!「運び屋女子」一人旅」読了。これも図書館で借りてきた本。図書館でタイトルだけ見て借りて来たw著者の片岡さんはハンドキャリー、プロバックパッカー。テレビ番組「アウト×デラックス」とかにも出ている人らしい。タイトルにある「運び屋」とはハンドキャリーという職業のことで、企業の海外工場で部品の欠損などが起きた際にその部品を海外工場に直接届けるという仕事である。
 本作は経験豊富なバックパッカーである著者の南米を中心とした旅行記。平易な文章で読み易かったが、一度の旅行の事を書いている訳ではなく複数回に渡る旅行での出来事が書かれていて、しかも国別で纏めているので時系列がちょっと解り難かった。首絞め強盗に始まって食中毒、暴動、謎の病気などかなり危険な目に遭っているのにそれを感じさせないのはあっけらかんとした著者の文章の為せる業か。著者の様な凄い旅は無理だけどコロナが終わったらまた近場の海外にでも行きたいなぁ。

本日の収支 -20570円 持越し3銘柄
本日の体重 95.1キロ
本日の血圧 126-75

PageTop

平凡で陳腐

 今日の仕掛けは27銘柄、約定したのは5銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄でマイナス15000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、1勝2敗でマイナス16000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが2銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み益が8000円程。何だかパッとしないトレードばかり、ヨコヨコ相場嫌いだわぁ。
 さて、私が住んでいる地域も今週中に緊急事態宣言の対象になる様だ。しかしコロナ慣れしてしまったのか昨年の春ほどの緊張感は無い。それにしても12月に盛んに言われていたGOTOトラベル悪玉説は何だったんだ。東京都がGOTOトラベルを停止したのが12月18日、あれから3週間以上経過して新規感染者が減るどころか爆増しとるやないかw原因と予想したものを取り除いて結果が変わらないのであればそれは原因では無かった、或いはより大きな別の因子が存在するという事だろう。緊急事態宣言の内容を見ると今度は飲食悪玉説を採用するらしい。勿論これで感染者が減ってくれることを望みたいが今回も駄目ならどうすれば良いのか。また全面的に経済止めるしか無くなるのかもね。こうなると感染拡大の最大の原因は「冬になって寒くなったから」という極めて平凡で陳腐な考えが私の頭をよぎるんだけどこの意見は誰も採用しないだろうな。地球に文句言っても仕方が無いし馬鹿っぽいもんなぁw

本日の収支 -46425円 持越し2銘柄
本日の体重 95.7キロ
本日の血圧 139-93

PageTop

ご満悦

 今日の仕掛けは39銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは9銘柄でプラス69000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてプラス4000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが6銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み損が12000円程。昨日逆張りのパックマンが掴んで良い感じの含み益だった某銘柄が朝から怒涛の買い気配、プラス35%の利確成功でご満悦w日経平均は600円以上上げて遂に28000円台に突入。バブルか?伝説のバブルが来とるんけ?その割に順張りよりも逆張りの方が稼いでるのは何故なんだぜ・・・

本日の収支 +65678円 持越し6銘柄
本日の体重 94.4キロ
本日の血圧 122-67

PageTop

80's エイティーズ

 今日の仕掛けは36銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でプラス41000円。新規仕掛けは逆張りスイングのパックマンが1銘柄ヒット。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが8銘柄ヒット。逆張り・順張り合わせて全部で9銘柄持越しで含み益が32000円程。幸運な事に今朝の手仕舞い銘柄の内1つに大き目の買いが入ってストップ高近辺で手仕舞う事が出来た。特に好材料も出てないみたいなのに謎過ぎる。結局その銘柄は超絶寄り天で萎んでるしwあの買いは一体何だったんだろう?
 橘玲「80's エイティーズ」読了。これも図書館で借りてきた本。作家・橘玲さんが書いた青春記、出版業界で活躍した若き日々を自身の記憶を基に綴っている。これまで橘さんの本は結構たくさん読んでいますが、今作は青春記という事でいつもの本とは趣向が違うものでした。タイトルは「80's エイティーズ」となっていますが、本書では1970年代後半~1995年辺りまでを80年代と位置付けて書かれています。橘さんと私では10歳以上年齢が離れているので1970年代の事は当時の私が子供過ぎてあまり記憶が無いんだけど時代が進むにつれて「あー、こんな事もあったなぁw」などと思い出しながら読み進めました。本書では肥大化した自意識の為にメインストリームを歩めない元エリートたちの人生模様が描かれていて、ある意味悲惨な末路を描くことで「夢を持つ」事の残酷さが示されています。自分自身や学生時代の仲間の事を振り返っても大学までは皆大体同じような受験勉強をして同じような過程を経て生きて来て、社会に出るとそれがどんどん枝分かれして。可笑しなもので私ぐらいのおっさんになると未来の展望よりも過去の「IF~」を考える事が多くなります。「もし、あの時こうしていたら」みたいな事。まぁ後知恵で想像して遊んでいるだけとも言えるのですがwこの本はお正月に読んだので今年の正月は我が人生の来し方を思いながら過ごす事になりました。中々面白かったです。
 
本日の収支 +42506円 持越し9銘柄
本日の体重 94.9キロ
本日の血圧 131-80

PageTop

ホームレス消滅

 今日の仕掛けは49銘柄、約定したのは6銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でプラス13000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが3銘柄ヒット、1勝2敗でマイナス22000円。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが3銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み損が15000円程。順張りがデイトレもスイングもダメダメ。大発会からここまで3日間を見る限り2021年相場は全然儲かる気がしないんだけどw
 村田らむ「ホームレス消滅」読了。これも図書館で借りてきた本。著者の村田さんはライター兼イラストレーター、漫画家。ホームレスやゴミ屋敷、樹海などの著作があり、以前に「樹海考」を読んだことがある。本書では東京の山谷や大阪の西成のドヤ街の変遷や日本のホームレスの現状を解説している。
 第4章「東京五輪、そしてホームレスは見えなくなった」では2004~2009年度までに東京都が実施したホームレス地域生活移行支援事業(通称・3000円アパート事業)の影響が解説されている。この事業は東京のホームレスを半減させるという成果を挙げていて評価が高いとのこと。大雑把すぎるかもしれないが、どうやら日本のホームレスには「ホームレス生活をしたくないのに、している人」と「ホームレスとして生きる事を選んだ人」の2種類が存在する様だ。前者の多くはこのホームレス地域生活移行支援事業によってホームレス生活を脱却したという事なのだろう。
 第5章「ホームレスが逃げ込む終着点」では都道府県ではなく国が管理する川の河川敷に小屋を建てて生活する「ホームレスとして生きる事を選んだ人」たちの実態が紹介されている。多摩川河川敷で彼女と一緒に暮らす沖縄出身のホームレスや、大阪の淀川河川敷で犬と一緒に暮らしているホームレスが紹介されているのだが、彼らの生活ぶりは何だが充実していて幸せそうに見える。まぁ河川法違反なんだけどねw彼らホームレスは管理される事を嫌って生活保護を受給せずに日雇い仕事やアルミ缶回収などで生計を立てる。一方で生活保護を受けながらパチンコ等のギャンブルに生活保護費をつぎ込む「ホームレスではない人々」も存在する。果たしてどちらが好ましい人達なのだろうか?
 何事においても我々は固定観念を持つ。例えばホームレスならば汚いとか怖い、或いは人生の落伍者、などと思いがち。しかし、よく考えてみれば全てのホームレスが全く同じ個性という事なんかあり得ないのだから千差万別は当たり前、一括りにする方が間違っていると思う。日常生活でホームレスについて考える事は殆ど無かったので今回は良い機会でした。一般的にあまり知られていない日本のホームレス事情を伝えてくれる力作だと思います。

本日の収支 -13244円 持越し3銘柄
本日の体重 95.5キロ
本日の血圧 126-75

PageTop

値動きが小さい

 今日の仕掛けは35銘柄、約定したのは3銘柄。持越しの手仕舞いは3銘柄でプラス28000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてほぼトントン。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが2銘柄ヒット。継続保有分と合わせて全部で3銘柄持越しで含み損が6000円程。偶然そうなっているだけなのかもしれないが、NYダウの下げ幅の割に随分値動きが小さい。今朝は逆張りが多めに約定しそうだと思ったんだけどなぁ。

本日の収支 +28388円 持越し3銘柄
本日の体重 96.7キロ
本日の血圧 135-89

PageTop

2021年大発会

 今日の仕掛けは28銘柄、約定したのは4銘柄。昨年末ノーポジの為、持越しの手仕舞いは無し。新規仕掛けは逆張りスイングのパックマンが3銘柄ヒット。順張りスイングの仮面ライダーアマゾンが1銘柄ヒット。逆張り・順張り合わせて全部で4銘柄持越しで含み益が26000円程。皆様明けましておめでとうございます。2021年大発会のトレードは上記以外にパックマンのシグナルで「指値=安値」のパターンが1銘柄あって4000円程のイザナミ上では存在しない利益が出ています。まさか新年最初のトレードがこんな形になるとはwそれ以外の持越し分は全銘柄万遍なく含み益となっていて良い感じの大発会でした。
 さて、2021年の運用体制ですが年初資金は端数を出金して1400万円でスタートします。去年と同じ12戦略体制ですが最適分散を少し変えて一定の条件下では順張り戦略の投入資金を大きくする形でやって行きます。イメージとしては去年3月の暴落後の4月~6月辺りのリバウンド局面を捉える感じです。現状は暴落直後でも何でもないので当面は去年と同じく1トレードあたりの投入上限は35万円で運用という事ですね。最適分散側だけを弄るというのは今までやった事がないので上手く行くかどうか解りませんが取り合えず試してみようと思います。それではみなさま今年もよろしくお願いします。

本日の収支 +4200円 持越し4銘柄
本日の体重 96.7キロ
本日の血圧 123-70

PageTop