FC2ブログ

株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

行動科学と投資

 今日の仕掛けは50銘柄、約定したのは1銘柄。持越しの手仕舞いは4銘柄でプラス17000円。新規仕掛けは逆張りスイングのジェットストリームアタックが1銘柄ヒットしてそのまま持ち越し、含み損が16000円程。またまた相場判定が切り替わって順張りはお休み、方向感が無い感じか。
 ダニエル・クロスビー「行動科学と投資」読了。これも図書館で借りてきた本。著者のダニエル・クロスビーは心理学者で行動ファイナンスの専門家。資産マネージャー兼ノクターン・キャピタルの創始者。本書は4部16章で構成されていて、前半の第1部と第2部で行動経済学などの知見を基に金融市場における人間の不合理な行動を紹介・解説。第3部ではエゴや感情をどう克服すべきかを説き、更に第4部では著者が提唱する行動科学的投資の取り組み方を解説しています。
 本書において著者はモデルを作ってそのモデルに従ってトレードを実行する事を推奨していて全体的にシステムトレーダー向きの内容でした。ダニエル・カーネマンやリチャード・セイラー、ナシーム・タレブなどの著書からの引用が多く、個人的にそのあたりの著書は殆ど既読という事もあって復習をしてるような感じでしたねwそれぞれの引用では軽く触れるだけなのでこの本をきっかけに深掘りしていく様な方法もあるかも知れません。
 行動経済学の知見が程よくまとまった本でしたが知識方面だけではなく、もう少し実践的な部分が欲しかったように思いました。例えば「自分の凡庸さを受け入れてモデルに従ってトレードする」と言うのは簡単だけど実際には中々難しい。モデルに忠実に従ってトレードしていると時々自分が世界有数のマヌケに思える事がありますwこのブログでも散々愚痴っているように急落・暴落後のリバ局面でシグナル激減して涙目で上げ相場を眺めてる時とか死にたくなるもん。そういう時にどうしたら良いのか教えてくれる本があればなぁw
 また、最終章で述べられているバリュー投資とモメンタム投資の併用にしても具体策の提示という意味ではやはり物足りなく感じました。まぁ総論的に知識がまとめてある本としては良いと思うので今後トレードを始めようという人がトレードを学ぶ入り口として読むには良いんじゃないでしょうか。

本日の収支 +21960円 持越し1銘柄
本日の体重 94.3キロ
本日の血圧 125-72
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する