株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

COCO壱番屋

 今日の仕掛けは29銘柄、約定したのは24銘柄。持越しの手仕舞いは6銘柄で当然の如くGD、マイナス115000円。新規仕掛けは逆張りデイトレ勢が18銘柄ヒット、内訳は量産型ザクが8、快傑ライオン丸5、タイガージョー5、6勝12敗でマイナス266000円。逆張りスイングのジェットストリームアタックが6銘柄ヒットしてこちらはそのまま持越し、含み損が26000円程。順張り勢は相場判定が効いて今日からお休み、またしばらく逆張り戦略のみの片肺飛行になりそう。
 昨日、為替が大きく円高に動いている。欧州の方では金融不安が再燃しかけているという話もある様だ。COCO債という債券の利払いが滞る可能性が有るとか無いとか。このCOCO債というのはハイブリット証券という仕組債的な物らしく転換社債なんだけど転換権は購入者側には無く、発行体である銀行の自己資本比率が一定以下となった時に強制的に株式に転換されてしまうらしい。購入者は平常時には高金利のメリットがあるものの、銀行の自己資本比率が低下している様な厳しい状況ではリスクが一気に膨れ上がるという事。誰が買うねんこんなもんwと思ったら2015年の後半辺りから日本国内でもCOCO債ファンドが販売されているみたいだ。
 欧州のマイナス金利導入が2014年6月、このマイナス金利がドイツ銀行をはじめとする欧州の金融機関の経営を圧迫しているという。いよいよ苦しくなってCOCO債のリスクが大きくなったタイミングで日本の個人投資家向けにCOCO債ファンド募集とかw相変わらず日本の個人投資家は最後のババを引かされてるなぁ(´・ω・`) まぁ詳しい事はよく解らんがCOCO壱番屋のカレーは嫌いじゃない、トッピングはチーズとハンバーグが私の定番だ。
 ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール「ウォール街の物理学者」読了。昨日も少し触れたけど金融工学のこれまでの歩みを人物列伝の形で伝えている本。サブプライム問題以降アメリカではクオンツに対する批判の声が大きくなった。ブラックスワンのナシーム・タレブやウォーレンバフェットなんかも厳しく批判している。数理モデルによる金融商品の大量生産が悲惨な暴落を呼び込んだという訳だ。筆者のウェザーオールがこの本を書いたのははこれらの意見に反論する意図もあったようだ。彼は数理モデルにも問題はある事は認めながらもより深刻な問題はその使い方だと主張する。年初からのDDを喰らっている真っ只中という事もあってモデルの限界を知る事の重要性を改めて考えさせられる。

本日の収支 -384432円 持越し6銘柄
本日の体重 84.1キロ
本日の血圧 139-86

 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちわ

ご訪問ありがとうございます。

トレードの技のネーミングがすごいっすねw

がんばってくださ~い。

豪傑亀三 | URL | 2016-02-13(Sat)16:16 [編集]