株のち高血圧、時々ダイエット

基本は株式投資日記のつもり、現状高血圧のクソデブなのでダイエットします

天才数学者、株にハマる

 今日の仕掛けは54銘柄、約定したのは9銘柄。持越しの手仕舞いは14銘柄、NY市場の急落&円高を受けて大幅GDでまさかのマイ転(´・ω・`) マイナス29000円。新規仕掛けは順張りデイトレのウルトラマンエースが1銘柄ヒットしてマイナス9000円。順張りスイング勢が8銘柄ヒット、内訳はストロンガー4、ブロッケンマン2、ロメロスペシャル2。全て持越しで含み益が71000円程。昨日の含み益21万円→今朝の実現損マイナス3万円、その差約24万円。トランプめ、許さんぞ。一般に、大き目の含み益が消えて損失に転じるというのはトレーダーにとって最も苦痛な状況の一つである。これは行動経済学のプロスペクト理論の横軸に損益、縦軸に主観的価値を採った場合における非線形グラフの傾きが極大に達する場面。まさしく今朝の私の感情はあのグラフの傾きの様に激しく落ち込んだという事w所詮は含み益はあくまで含みでしかない、勝手に捕らぬ狸の皮算用をした私が間抜けだったのだ。しかしなぁ・・・お金返してっ!(泣)
 ジョン・アレン・パウロス「天才数学者、株にハマる」読了。これも図書館で借りてきた本。タイトルの通り数学者である著者がITバブル崩壊の過程でワールドコム株で大損した体験を参考に市場、リスク、分散投資の有効性、カオス理論に到るまで様々なテーマに関して綴ったエッセイ。著者は含み損が膨らんで行く過程で追証を入れ続けた挙句ナンピンもやっていた様で、損切り出来ない典型的な駄目パターンでぶっこいたらしいwそのせいか文中にはかなり自虐的なギャグが散りばめられている。個人的には9章の「効率的市場仮説のパラドックス」が面白かった。全体的に自虐ネタが解りにくくて若干読みにくい所もあったけど面白かったです。

本日の収支 -40456円 持越し8銘柄
本日の体重 89.3キロ
本日の血圧 133-88
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する